188ベットの本人確認とは?本人確認依頼に対応できる様々な情報解説!

188ベットでの利用の際には、本人確認依頼が来る場合があります。
急に本人確認依頼がくると、どうしたらいいのか困ってしまう方もいると思います。
しかし、焦ることはありません。

188ベットの本人確認は、ポイントさえ押さえておけば簡単に手続きすることができます。
難しい事は一切ありませんので、冷静に対処しましょう。

188ベットの本人確認ついて、様々な角度からご紹介していきます。

188ベットの本人確認は何故必要なのか

本人確認と聞くと、とても面倒に思う方もいると思います
188ベットの本人確認は、健全なサイト運営のために必要となります。

188ベットの運営側は、ライセンスの取得などにより違法がないことを証明しています。
同じく、プレイヤーの方も違法性がないことを証明しないといけません。

188ベットは政府発行のライセンスを取得しており、アイル・オブ・マン政府からのギャンブル監査委員会の規制を受けて合法的な運営をしています。
この委員会の規制を満たすためには、プレイヤーも不正な行為なく虚偽の情報も与えていないということを証明することが必要となります。
そのため、プレイヤー側も本人確認をして身元をしっかり証明することが必要となります。

日本でも有名な大手のブックメーカーも、本人確認の提出を求めています。
本人確認書類の提出を求めていないのは、ビットカジノのみです。
ビットカジノでは仮想通貨のビットコインを使うので、ビットコイン購入の際に本人確認ができるので、ビットカジノ側は本人確認の必要が無いので求めません。

188ベットは仮想通貨を使わないので、本人確認は必要ということになります。

188ベットはどんな時に本人確認が必要なのか

188ベットの本人確認は、様々なタイミングで依頼されます。
どのようなタイミングで本人確認を求めるのか、主なタイミングを以下にご紹介いたします。

・出金申請の際
・入金の場合
・プロフィール情報更新の際
・プロフィールの情報が不一致となっている場合
・プロモーションの申請の場合
・188ベットのランダムな調査

これらの、どれかのタイミングで必ず本人確認は行われます。
どのタイミングで行われるのかは、プレイヤーにより異なります。
本人確認のタイミングが早いか遅いかは、個人の状況によります。

188ベットの本人確認提出はどのように行うのか

本人確認書類の提出手順は、非常に簡単です。
以下の2つのステップで提出ができるので、難しくありません。
本人確認書類提出のステップを、以下にご紹介いたします。

送る本人確認書類を用意する

188ベットの本人確認に使う書類は、以下の3つとなります。

・身元確認書類
運転免許証、パスポート、雇用者証明カード、マイナンバーカードなど
運転免許証や雇用者証明カードは、表と裏の両面が必要となります。
パスポートは、写真が写っているページのみです。

・住所確認書類
水道料金や電気料金などの公共料金の明細書、クレジットカードの明細書、住民票など
3ヶ月以内に発行された書類であり、名前や住所、日付が記載されている書類となります。

・資金源確認書類
188ベットで入金で使用したクレジットカード、URLが記載されたオンラインバンキングのスクリーンショット
クレジットカード入金の場合は、クレジットカードの7~12桁の数字とCVVを付箋で隠して撮影します。
裏と表が必要となりますので、必ず両面撮影して送りましょう。
エコペイズ入金の場合は、アカウント番号や取引詳細が表示されたエコペイズ口座のページを、スクリーンショットで撮影します。

本人確認書類の送付

上記の3つの本人確認書類は、マイアカウントの中の「プロフィール確認」からアップロードします。
プロフィール確認画面で、本人確認書類を1つずつアップロードします。
送信後、12時間以内に188ベットのサポートチームがチェックしてくれます。

188ベットの本人確認への疑問

188ベットの本人確認は、疑問に思う部分もあると思います。
慣れていない作業なので、わかりにくいと思うのも当然です。
そこで、188ベットの本人確認への疑問の本人確認への疑問を以下に解説していきます。

必要書類が1つでも用意できない場合

本人確認書類は3種類の書類が必要となるので、全ての書類が用意できなく困ってしまい方もいると思います。
その場合は、188ベットのカスタマーセンターに相談をしてみましょう。
他の書類で対応してくれる場合がありますので、解決することができます。

必要な情報以外は隠して提出しても良いのか

本人確認書類は個人情報が詰まっているので、送信するのは不安に思う方もいます。
その場合、必要な部分以外を隠して提出をしても良いのでしょうか。
しかし、188ベットの本人確認書類は加工をして提出をすることは許されません。
ただし、クレジットカードの番号を付箋などで隠す場合は、許されています。

高いセキュリティの中で送信ができるのか

本人確認書類という個人情報をネットを介して送ることは、不安になります。
188ベットは、銀行と同じセキュリティのSSL認証で守られています。
入力した全てのデータは暗号化となるので、漏洩しても解読できない内容となっています。
そのため、情報漏えいなどの心配なく送信ができます。