バカラの特徴やルールなどを解説

3 min 95 views

バカラは仮想の「バンカー」と「プレイヤー」の勝負にどちらが勝つかをベット(賭け)するゲームです。勝負にはトランプを使い数字が9に近いほうが勝ちとなります。

ゲームはをディーラーを中心に進み、カードを追加するかどうかも、独自のルールによって判断されます。プレイヤーがすることは、ベットするだけでです。

バンカー対プレイヤーのゲームが開始する前に、どちらが勝つかベットするといった流れです。

初心者から上級者まで人気があるオンラインカジノの定番ゲームであり、その人気の秘訣は大きな金額が動く一攫千金のチャンスがあるからです。

バカラのルールや基礎知識

簡単に説明するとバカラは、 仮想のプレイヤー(客)とバンカー(胴元)の2人の間で競われるゲームを客観的に見ながら、勝者を判断するゲームです。

つまりブラックジャックのように自分がディーラーと対決するのではなく、競馬や競輪のような感じで第三者の目線で、プレイヤーとディーラーの勝敗を予測するのです。勝敗ですがカードの数字で判断され、9に近い方が勝者となりますが引き分けもあり得ます。

ゲームが進行中はですが、基本的にその流れ見守るだけです。カードを追加するかどうかも、独自のルールに従って勝ってに行われるので気にする必要はありません。

求められるのはプレイヤーとディーラーのどちらが勝つかの直観だけです。シンプルでありながら、大きな収益が期待できるギャンブル性が人気の集める理由でもあります。

勝手に進行するので、無理に理解する必要はありませんが、バンカーとプレイヤーにはまず2枚のカードが配布され、その後ルールに従って追加のカードが配られます。

そして手元にある最高3枚のカードの下1桁の数値の合計が、9に近いほうが勝者となります。

バカラのトランプカードの数え方

Aが1となるだけで、2から10はそのままです。

J、Q、Kの3つの絵札は全部10となります。

そして基礎知識で説明したように勝負に使われるのは下1桁だけです。

つまり10となる「10、J、Q、K」の3つのカードはすべて「0」と判断されます。

バカラでは引き分けにもベットできる

バカラでは勝敗だけでなく引き分け(タイ)にも賭けられる特徴があります。

そして引き分けの配当は8-9倍と非常に高くなっているのが特徴です。もしプレイヤーかディーラーに賭けていて勝負が引き分けになった場合は、掛け金はそのまま払い戻されるという親切仕様です。

バカラのベット方法の基礎知識

基本的なベット方法は「プレイヤー」と「バンカー」の2択です。しかしそれ以外にも「引き分け」「ビッグ」「スモール」「ペア」を選ぶこともでき、複数に賭けることもできます。

一攫千金を狙いたい方は、配当の倍率が高いペアを狙ってもいいかもしれません。

もしバンカーとプレイヤー、そして引き分けに賭けて引き分けになった場合は、バンカーとプレイヤーに賭けていた額が払い戻されます。

バカラの配当倍率について

バカラの配当倍率は次のようになっています。

プレイヤー 2倍
バンカー 1.95倍
タイ 8倍(カジノによる)
ペア 11倍(カジノによる)

プレイヤーに賭けた場合は、配当は1倍で掛け金の額が2倍になって戻ってきます。

しかしバンカーに賭けた場合は少し額が減ります。5%の手数料が差し引かれ、賭け金の0.95倍が配当されます。

これはバカラのゲームのルール上、バンカー側が有利な立場にあり勝率が少しだけ高いことに起因します。

配られたカードの内容次第では、バンカー側が追加のカードを引くまでもなく勝敗が確定してしまい、プレイヤー側が不利となる場合があるからです。

このようなことから、バンカー側にハンデとして5%の手数料が与えられているのです。

「ペア」というのはカードの種類を予測する賭けで、配られたカードのうち2枚が同じ数字の場合に得られる配当です。プレイヤー側とディーラー側に賭けることが可能です。

長い歴史を誇るバカラ

バカラは長い歴史を誇るカードゲームで、歴史上の最も古い記録は約700年前にも遡り、長い年月を通じで人々に愛されてきたことが分かっています。

特に現在のヨーロッパを中心にバカラの伝統は培われ、世界を代表するカードゲームとして発展してきました。

当時はバカラに使われたトランプも、印刷技術が未発展でハンドメイドで作られている状況だったと言われています。

産業技術の発展に伴い、トランプも印刷技術を駆使して大量生産されるようになり、バカラのようなカードゲームも世界中に普及するようになりました。

この技術革新の恩恵で、それまでは貴族のゲームだったバカラも、庶民に親しまれるようになり、ついには移民を通じてアメリカ大陸にまで広がっていきます。

古い文献によれば、少なくとも1900年代には、カジノでバカラが遊ばれていることが分かっています。

世界に広がったバカラは、各地で独自のルールが追加されました。現在、世界で楽しまれているバカラのルーツは、1950年代にアルゼンチンで派生したものと考えられています。これが広まった理由としては、カジノに適した高配当であることが挙げられ、あっという間にアメリカやイギリス、オーストラリアなどに広がりました。

そしてインターネットが普及した現在、バカラはその姿を変えオンラインカジノでも愛され続けています。

バカラのまとめ

バカラは賭けの対象を選択するだけというシンプルなルールで、オンラインカジノ初心者にもサクサクと遊ぶことができるゲームで、世界のあらゆる国で愛されているゲームです。

オンラインカジノには多彩なバカラが用意してあります。初心者だけでなくベテランの方も、もし興味のある方はチャレンジしてみてください。

関連記事

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *