ブラックジャックの遊び方とルールなどを解説

4 min 42 views

トランプを使ったゲームとして世界で親しまれているブラックジャック。カジノでもポーカーやバカラと並ぶ人気のゲームとなっています。

しかし、オンラインカジノが初めてという方は、詳しいルールを知らないかもしれません。

ここではそんな方のために、ブラックジャックのルールや攻略法を分かりやすくまとめてみました。ペイアウト率(還元率)が高いことから、カジノのブラックジャックは常に人気を集める定番のゲームとなっています。

ちなみにペイアウト率とは、ベットされた額に対する実際に払い戻された額の比率のことです。

ブラックジャックのルールは意外とシンプルなので、未経験の初心者でも何回か経験を詰めば、十分に遊ぶことができるでしょう。しっかり攻略法を学べば、勝率を上げることも可能です。

ブラックジャックの基礎知識

ブラックジャックの基本ルールは、「カードの合計を21に近づける」「カードの合計が21を超えたら敗北」となっており、「21」という数字がキーとなっています。

ゲームの展開はとてもスピーディーで、早ければ1分程度で1ゲームの決着が付きます。ひたすらディーラーとの対戦を重ねていくという展開です。

もし同じテーブルの参加人数が多ければ、ゲーム時間も長くなります。しかし各プレイヤーの駆け引きや見れたりと、別の楽しみ方があるのも確かです。

ブラックジャックのカードの数え方

ブラックジャックのカードの数え方を覚えましょう。これは基本でありとても重要です。まず絵札の「J、Q、K」はすべて10として数えます

そしてA(エース)以外の(2、3、4、5、6、7、8、9、10)のカードは、そのままの数字を数えてOKです。

そして最も特殊なのが「A」で、プレイヤーの判断で「1」と「11」どちらとも数えることが出来るようになっています。

例えば、配られたカードが「Q」と「3」だと合計点数は「13」となります。

「K」と「A」だった場合は、プレイヤーの選択で「11」もしくは「21」となります。

そして「A」ともう一つのカードが「10」「J」「Q」「K」のいずれかだった場合は、合計が21となりブラックジャックが成立します。これは最高の組み合わせとされています。

ブラックジャックの勝敗の決まり方

ブラックジャックの勝敗の決まり方はとてもシンプルです。

勝利

手持ちのカードの数字の合計が、ディーラーより21に近ければ勝利です。しかし21を超えてしまうと負けとなります。

手持ちのカードを見極めながら、21に近い役を揃えることがブラックジャックで勝つうえで重要となってきます。

敗北

手札が悪く21を超えるてしまうと「バースト」と判断され、自動的に負けとなってしまいます。もしプレイヤーとディーラーが両方バーストだった場合は、ルールでディーラー側の勝利となります。

また同じ21を揃えても、カードの枚数によって役の強さが異なってきます。例えばプレイヤーが3枚以上のカードで21を揃えたとします。そしてディーラー側が2枚のカードで同じく21を揃えたとすると、少ないカードのほうが勝利となります。

具体的には、プレイヤーの役が3枚の組み合わせの「A+5+5=21」で、ディーラーの役が2枚の組み合わせの「A+K=21」だった場合、ディーラーの勝利となるといった具合です。

引き分けの条件とは?

プレイヤーとディーラーの役が同じく21だった場合や、それ以下で同点だった場合は引き分けとなり、賭け金はそのまま払い戻されます。

ブラックジャックのゲーム流れを覚えよう

ブラックジャックの大まかなゲームの流れは以下のようになります。

チップ(賭け金)を賭ける
最初のカード2枚を受け取る
ハンド(役)を揃える
勝ち負けの判定と配当の精算

チップ(賭け金)を決める

まずブラックジャックのテーブルに着いたら、ゲームへの参加意志を表明するため額を決めてチップを賭けましょう。

チップ額の変更やゲーム参加の中止などは、ディーラーが止めるまで可能です。しばらくするとゲームが開始されます。

カードを2枚受け取る

ゲームが開始されると、まずディーラーからカードが2枚配布されます。

この際、プレイヤーはカードを2枚とも見ることが可能ですが、ディーラーは1枚がホールカード(裏向き)、1枚がアップカード(表向き)の状態です。

プレイヤーに配布された2枚のカードは表側が見れる状態ですが、ディーラーのカードは1枚が表向きで、もう一枚は裏返しで数字は見れない状態になっています。これはブラックジャックのルール上そうなっています。

表側が見れるディーラーのカードから、相手の役作りを予測して次の一手を決める判断材料とするのです。

ハンド(役)を揃える

自分の順番になったら手札を確認して次のアクションを「ヒット」と「ステイ」から選びます。

「ヒット」とはもう一枚のカードを追加するアクションです
「ステイ」は現状の手札で勝負に挑みます

注意点としては、ヒットを選んでカードの合計数字が21を超えてしまうと「バスト」と判断され、自動的に敗北となってしまいます。手札と相談して判断しましょう。

また他にも

ダブルダウン
スプリット
サレンダー
インシュアランス
イーブンマネー

といったアクションも自分の順番が来たときに実行します。

勝敗判定と精算

一通りのアクションを終えたら、手札の数字が一番21に近いプレイヤーが勝利と判定されます。そしてゲーム結果に従ってチップが精算されます。

ブラックジャックのゲームの流れはこのような感じです。

ブラックジャックの基本的な配当

勝った条件によって配当が違ってきます。ここでは配当のシステムを説明していきます。

ちなみにディーラーに敗北した場合は、賭けたチップは全部没収です。

ブラックジャックで勝利した場合

開始時に配布された2枚のカードが「A+10」でブラックジャックが成立した場合は、配当金は1.5倍です。

例えば10ドルのチップを賭けていた場合は、25ドルが配当金となります。

ブラックジャック以外の役で勝利

ブラックジャックが成立しなかった場合です。ディーラーよりも21に近い役で勝つと配当金は1倍です。

例えば10ドルのチップを賭けていた場合は、20ドルの配当金となります。

勝負が決まらず引き分け

賭けたチップの全額が払い戻しされます。つまり仕切り直しです。

最後にまとめ

誰でも名前だけは知っているほど有名な、カジノゲームのブラックジャックですが、実際にプレイするとなると聞きなれない用語も多く、最初は躊躇するかもしれません。

しかしゲームの本質となるルールは、持っている手札の数字を21に近付けるという、極めてシンプルなもので初心者にも覚えやすいものとなっています。

最初はスマホのフリーゲームなどを利用してゲームの流れを覚え、慣れてきたらオンラインカジノにチャレンジするといいかもしれません。

関連記事

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *