中国が海外のカジノ観光地「ブラックリスト」拡大の基準進める!

3 min 47 views

中国文化観光部は、ギャンブル目的にて中国人観光客を誘致していると主張し
ている、灌漑観光地「ブラックリスト」の拡大の準備を進めています。

中国国営通信社は、同部が2020年に公表した国リストに加わることになる海外観光地の「第2弾」を作成する予定と伝えています。

どのようなニュースなのか、様々な観点から解説していきます。

中国が海外のカジノ観光地「ブラックリスト」拡大の基準進める!

中国文化観光部は、ギャンブル目的にて中国観光客を誘致していると主張している海外観光地「ブラックリスト」の拡大の準備を進めています。

最初のリストが発表となったのは、2020年8月でした。
当時、中国文化観光部は、そのような観光地は中国本土の客をターゲットとしたカジノをオープンすることにより、同国のアウトバウンド観光市場を混乱させていると述べています。

また、そのような観光地は「中国国民の個人及び財産の安全を危険にさらしている」とも主張しています。

中国は、具体的にブラックリストだと思う観光地の国名を正式には発表していません。
しかし、一方で、アナリスト達はフィリピンや、カンボジア、ベトナムなどの台頭する東南アジアゲーミング観光地、またオーストラリアも指している可能性が高いのではと指摘しています。

新華社通信は、文化観光部は「関連部署と連携して」、中国人の観光客をギャンブル活動目的で誘致している海外観光地の第2弾のリストを作成する予定と報じています。
その後「システムに追加される」としています。

新華社通信の報道では「観光市場をより上手く規制して、中国国民の命と財産を守るために、文化観光部や外交部、公安部の協調度量を通じ、ブラックシステムが確立された。リストにある海外年や景勝地へ向かう中国人には旅行制限がかけられる」と述べています。

2020年の最初のブラックリスト構築以来、マカオがそれに含まれる可能性があるのかどうかが、目まぐるしく議論となっています。
中には、マカオは中国本土の照準線上にあることを示唆する証拠を説明するアナリストもいます。
また、当時、他の潜在的なギャンブル観光地へのそのような取り締まり強化から、マカオ特別行政区が恩恵を受ける可能性があると述べているアナリストもいます。

2020年に作られた中国の「ブラックリスト」とは

中国の海外観光地の「ブラックリスト」は、2020年8月に作られました。
中国文化観光部が、中国本土の客をターゲットとしたカジノをオープンすることにより、中国のアウトバウンド観光市場を混乱させているという海外観光地のブラックリストを作りました。

他部署と協力をし考案された国境を跨いだギャンブル観光地のブラックリストのシステムを作ったことにより、ブラックリストに掲載されている海外都市や景勝地に行く中国人に旅行制限をかけることが狙いです。

それらの年や景勝地は「中国国民の個人および財産の安全を危険にさらしている」と、中国文化観光部は述べています。

この第1回目の時も、どの国がブラックリストに掲載されるのかは、具体的に明かされませんでした。
投資銀行JPモルガンのアナリスト達によると、おそらくフィリピンや完備ジア、ベトナムなどの新興の東南アジアゲーミング観光地ではないかと言われており、可能性としてはオーストラリアを指しているのではと指摘しています。

フィリピンやカンボジアは、近年中国のターゲットとなっています。
2019年末にカンボジアは規制されていたオンラインゲーミングの業界閉鎖に合意して、フィリピンはPOGOに関する同様のプレッシャーを拒否しています。

JPモルガンのアナリスト達は、マカオは中国政府から海外のギャンブル市場とはみられていないことにより、この動きからの影響は受けずに済むだろうと述べており、実際は利益を得る可能性があると指摘しました。

マカオの回復に良い影響を与える「ブラックリスト」

アナリスト達は、この動きは長期的に中国国内のギャンブル需要や流れの囲い込みを見ることができ、それによりマカオへの需要回復の後押しが出来る可能性があると述べています。

中国本土は、国営の宝くじを除いてオンラインカジノなどの全てのギャンブルは違法となっています。
マカオは中国の中の都市ですが、マカオのみ許されているため可能となります。

マカオでは、中国富裕層が遊戯ではなく賃金洗浄目的にてカジノを利用する例は少ないと言われています。
「反腐敗」を掲げている習近平政権の発足後は、監視がより強化されてきました。
その結果、富裕層はフィリピンやベトナム、シンガポール、カンボジアなどのカジノを利用するようになり、大量の資金が流れ出た、という流れとなっています。

アメリカのカジノ専門サイトによると、フィリピンなどの中国以外のアジアには「ギャンブルのチャイナタウン」が出現していると言われています。
中国以外のアジアの地で、中国人が居住しツアー客をもてなしていると言われています。
そのような中国以外のアジアのカジノに中国人客が持ちだした多くの資金が洗浄されており、コミュニティーが地下社会と繋がっていることにより、身代金目的の誘拐や殺人事件も多く発生しているようです。

このような背景を改善したく、2020年8月に中国文化環境省は「ブラックリスト制度」を創設しました。
ブラックリスト制度は、カジノ目的地へ渡航調整したり賭け金の融資を手掛けるジャンケットの措置も対象になる可能性があると言われています。

関連記事

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *