ブックメーカーは違法?遊んでも有罪にならなく安心してプレイできる?

3 min 20 views

日本では賭博は禁止となっており、オンラインギャンブルも禁止となっています。
ブックメーカーはオンラインギャンブルですので、日本でブックメーカーで遊ぶと違法になってしまうのでしょうか。

現在の日本の法律では、ブックメーカーなどのオンラインギャンブルは違法とは言えない状態です。

そこで、ブックメーカーの違法性など、様々な角度から解説していきます。

ブックメーカーを日本で楽しむことは違法にはならない

ブックメーカーは、賭博です。
日本では、賭博は法律で禁止となっています。
しかし、ブックメーカーを日本で遊ぶことは、現在の日本の法律では違法とはなりません。

日本では、オンラインギャンブルへの法律の整備が不完全な状態です。
そのため、逮捕される法律はないけれど、良いという法律もないという状態です。
いわゆる、グレーゾーンという状態です。

日本には賭博罪という法律があり、胴元とプレイヤーを検挙しないといけません。
ブックメーカーでいう胴元というのはブックメーカー運営会社であり、参加している方々がプレイヤーです。
日本で参加できるブックメーカーは、どの国の政府のライセンス取得などの厳しい基準をクリアしています。
100%合法的な組織であり、そのブックメーカー運営の国からみると海外になる日本の法律で違法と言っても罰することができない状態です。

日本にいるプレイヤー方法だけを違法とすることは矛盾となり、日本の法律の賭博罪は成立しないという流れとなります。

ライセンスを取得していないブックメーカーは違法となる

上記に記載した違法とならないブックメーカーは、その国の政府から発行されたライセンスの取得をしているブックメーカーに限ります。

ブックメーカーは世界に1,000以上あると言われており、その多くがライセンスを取得していない違法のブックメーカーと言われています。
ライセンスを取得しているブックメーカーの利用は違法となりませんので、ライセンスを取得しているかどうかを確認してプレイをしましょう。
ライセンスは、ブックメーカーのホームページに記載してあります。

インターネット上には、ライセンスを取得せずに無許可で営業しているブックメーカーも多くあります。
有名なブックメーカーであれば、ライセンスを取得していますので問題ないといえます。

ネットカジノを日本で楽しんで逮捕となったケース

ブックメーカーではありませんが、ネットカジノを日本で楽しんで逮捕となったケースもあります。
イギリスを拠点としたネットカジノで遊んで、京都在住の利用者3人が逮捕されたことがありました。

このイギリスのネットカジノは、日本人のディーラーで日本語でのコミュニケーションが取れる状態で、日本時間の夕方から深夜まで開催されていました。
日本人向けに特化された環境だったことで、イギリス拠点と言いながらカジノの実態が日本国内で行われていたと評価できると判断し、逮捕となりました。
海外運営のオンラインカジノとうたっているが、胴元は日本国内にいると見なしての逮捕です。

逮捕された日本人プレイヤーは、単純賭博罪で略式起訴となり10~20万円の罰金刑となりました。

しかし、この3人のうちの1人は、日本にオンラインカジノの違法性を明確にする法律がないことを訴えて、裁判で争いました。
結果、不起訴処分を勝ち取ることができました。
賭博罪の裁判に詳しい弁理士が付いた裁判であり、オンラインカジノは海外では合法であること、プレイヤーのみの処罰はおかしい、微罪でもカジノ法案が成立科中で処罰をするのが日本の政策に反していると述べ、不起訴を勝ち取りました。

この弁護士さんいわく、しっかりと法規制がなされていない日本では、自宅でオンラインカジノをプレイする分には問題ないと言っています。

この事件以降、オンラインカジノの逮捕者は日本では出ていません。
検察も、今のところは動くつもりは全くないということです。
ブックメーカーもオンラインギャンブルですので、今回の事件はすごく参考になることといえます。
日本の自宅でプレイする分には、ブックメーカーは問題ないギャンブルといえます。

ただしブックメーカーを店舗で楽しむことは違法

ブックメーカープレイの逮捕に関して気を付けて欲しい事は、日本の店舗で楽しむ場合です。
プレイする場所にきんせんが発生する場合は、事実上胴元の役割を果たしていると見なされます。
そのため、違法扱いとなってしまいます。

ネットカフェやブックメーカーを行う場所を金銭を支払って提供している場所では、絶対にプレイしないようにしましょう。
この場合、お店の人も参加した客も逮捕となり処罰の対象となります。

近年様々な店舗でオンラインギャンブルを行い、逮捕者が続出しています。
特に繁華街に多くありますので、絶対に行かないようにしましょう。
ブックメーカーが日本で違法にならないのは、自宅などの場所に金銭が発生しない場所でのプレイのみです。

関連記事

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *