日本でも大人気ブックメーカー!遊ぶ前に知っておくべきポイント!

3 min 59 views

ブックメーカーは、日本でも大人気のオンラインギャンブルです。
新型コロナウイルスの影響により、2020年からは特に利用者が多くなりました。
スポーツにも賭け事ができることで、スポーツ好きの方も注目しています。

そこで、日本人がブックメーカーを遊ぶ前に知っておくべき大事なポイントを、様々な角度から解説していきます。

日本人向けのブックメーカーが増えた

ブックメーカーは、スポーツや経済などに対して賭け事ができるオンラインギャンブルです。
スポーツへ賭け事ができることにより、スポーツ好きな日本人も多く参加されるようになりました。

日本では決められている賭け事以外は禁止となっており、スポーツへの賭け事は禁止です。
しかし、合法となっている外国のオンラインギャンブルへ賭けることは違法とはなっていないので、気軽に参加ができるスポーツベットとなります。

外国で運営されているオンラインギャンブルなので、日本人はわかりにくいと思う方もいると思います。
しかし、近年は日本人対応となっているブックメーカーも多くあります。

日本人向けで利用しやすいブックメーカーを選んで、楽しくプレイするようにしましょう。

日本人向けのブックメーカーを選ぶポイント

日本人向けのブックメーカーは、日本人に目を向けて運営しているブックメーカーです。
以下のポイントに目を向けて、日本人向けのブックメーカーをご利用しましょう。

日本語対応となっている

ブックメーカーは海外の企業が運営をしているので、日本語対応となっていない企業も多くあります。
中でも人気でしっかりしている企業のブックメーカーは、日本語対応となっています。
日本語で操作できるので、使い勝手が良く気軽に遊ぶことができます。
日本人サポートがいないブックメーカーサイトは、日本語表示でも不自然な翻訳のサポートの証拠となりますので、おすすめできません。

サポート体制がしっかりしている

はじめてのブックメーカーの場合、何かわからないことがあるのではと不安になる方もいると思います。
入出金はお金が絡むので、わかりにくくなると不安になってしまいます。
人気でしっかりしたブックメーカーは、サポート体制もしっかりとしています。
電話やメール、チャットも日本語対応となっていますので、安心して疑問を解決することができます。

日本の試合を多く取り扱っている

様々なブックメーカーがありますが、日本の試合を多く取り扱っているブックメーカーの場合、日本の試合に賭けることができるので楽しさが倍増します。
日本のプロ野球やJリーグ、競馬など、おなじみのスポーツへ賭け事ができます。
賭ける項目の種類はブックメーカーごとに違いますので、チェックしましょう。

日本人初心者のピッタリのブックメーカーとは

ブックメーカーは様々なものがありますので、日本人初心者の方は利用しやすいブックメーカーをご利用されることをおすすめします。

どのようなブックメーカーが日本人初心者は利用しやすいのか、以下にご紹介いたします。

モバイルアプリがある

ブックメーカーの中には、モバイルアプリを使えるところがあります。
モバイルアプリでスマホやタブレットで使えるようにすることで、いつでもどこでも場所を選ばずに遊ぶことができます。
また、モバイルアプリを使っているブックメーカーは企業がしっかりしているところが多いので、安心してご利用できるメリットもあります。

賭けの種類が多い

ブックメーカーにより賭けの種類は異なり、様々な種類を取り扱っています。
野球やサッカー、テニス、バスケットボールなど、賭ける種類が多ければ多いほど選択肢が広がります。
より楽しむことができるので、充実したブックメーカーでの遊びとなります。
ブックメーカーの他にもオンラインカジノも扱っている企業もあり、様々です。

ベットのタイミング多数ある

スポーツベットの場合、試合前や試合中などの様々なタイミングでベットすることができます。
また、シーズン前にベットするタイプの賭けもあり、ベットのタイミングというのは1つではありません。
様々なベットのタイミングがあると、自分のニーズに合わせてベットができるので、大変楽しいです。

必ずチェックすべき!正規ライセンスでの運営

ブックメーカーの運営には、ライセンス取得が必要となります。
ライセンスというのは、政府に認可されている証拠となります。
そのため、ライセンスを取得していないブックメーカーは、良い経営となっていないブックメーカーも多くあります。

ライセンスは、ブックメーカーサイトに必ず記載されています。
ブックメーカーサイトをチェックし、ライセンスの記載があるのかを確認しましょう。
有名なライセンスは、「イギリス領ジブラルタル」、「マルタ共和国」、「フィリピン・カガヤン経済地区」などがあります。
これらのライセンスは、信頼できるライセンスを所持といえます。
中でも最も取得や維持が難しいのは、マルタ共和国が発行するライセンスと言われています。

関連記事

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *