カジ旅で取り扱っている主なソフトウェアメーカーまとめ

現在では多くのユーザーがカジ旅を利用してゲームをプレイしていますが、主に取り扱っているソフトウェアメーカーが気になるものです。
中には全く知名度が無く信頼性の引くいソフトウェアメーカーのゲームを採用して、運営しているオンラインカジノの存在もあります。

こうしたオンラインカジノでゲームをしてしまうと、イカサマや不正行為をされてしまい、大切な資金などを奪われる可能性もあります。
ではカジ旅で取り扱っている主なソフトウェアメーカーは何処なのか?本当に信頼できて安全性があるのか把握したいですよね。

そこでこの記事では、カジ旅で取り扱っている主なソフトウェアメーカーまとめについてご紹介していきますので、参考になれば嬉しいです。

Microgaming(マイクロゲーミング)

カジ旅で主に取り扱っているソフトウェアメーカーにはマイクロゲーミング社がありますが、1994から現在まで運営しており英国マン島に拠点を持っています。
マイクロゲーミング社と聞けば日本人でもよく知られている知名度の高いソフトウェアメーカーですので、その信頼と実績が保証できます。

カジ旅を始めとする多くのオンラインカジノが、マイクロゲーミング社のゲームを採用していますので、非常に人気度があります。
スロットを始めとしたルーレット、ポーカー、ライブディーラーなどのゲームが用意されていますので、不慣れな方からベテランまでが十分に楽しめます。

マイクロゲーミング社で提供されているゲームは、どれもシンプルかつ高級感溢れる演出がありますので、まず飽きることなくプレイできます。
またマイクロゲーミングは政府によって、非常に厳しい審査をクリアして正規のライセンスを所有していますので、信頼性があります。

ライセンスを取得しているだけでなく、第三者機関による厳しい監視体制を設けていますので、イカサマや不正行為が一切できません。
こうしたこともあり、カジ旅で安心安全にゲームをプレイできますしプレーヤーが公平になるようにペイアウト率を公開しています。

NetEnt(ネットエント)

ネットエントのソフトウェアメーカーもカジ旅で採用されていますが、1996年に設立されてから10年以上もの実際を誇っています。
もちろんカジ旅だけでなく、様々なオンラインカジノでネットエントのゲームをプレイできますが、設置数も300種類以上もあります。

ゲームの種類はスロット、バカラ、ブラックジャック、ルーレットなどのカジノ業界でも人気のあるものばかりです。
そのため多くのプレーヤーから人気がありますし、非常に知名度が高いソフトウェアメーカーですので、信頼性が高いと言えます。

非常にゲームのクオリティが高いネットエントですが、政府が発行しているライセンスを所有して運営していますので、安全性も保証できます。
ネットエントは9つのライセンスと3つの第三者機関からしっかりと認定されて運営していますので、まず不正行為が全くできないようになっています。

ゲームのイカサマだけでなく、ユーザーの個人情報が外部に漏洩したり盗まれるリスクもありませんので、不慣れな方でも安心してカジ旅のゲームをプレイできます。
3つの第三者機関の中でももっとも信頼ができて厳しいとされているTUTですが、認定を受け取るのも困難なので安全性がわかります。

またネットエントには乱数発生システムを導入していますので、サイト側やソフトウェア側が安易にゲームの不正操作ができないようになっています。
常日頃から不正なプログラムがないかチェックしていますので、万が一見つかってしまうと運営ライセンスが剥奪されてます。

Play’n GO (プレインゴー)

カジ旅で取り扱っている主なソフトウェアメーカーにはプレインゴーもありますが、2004年に設立してから現在まで運営しています。
プレインゴーの運営会社はスウェーデンに拠点を構えているソフトウェアメーカーで、他のと比べると比較的に新しい方です。

プレインゴーで提供しているゲーム数は180種類以上と豊富にありますが、テキサスホールデム、スロット、バカラなど人気の台ばかりです。
数多くのテーブルゲームが設置されていますので、幅広いプレーヤーから人気がありますので、非常に認知度が高いソフトウェアメーカーです。

ゲームの操作性やグラフィックなどもプレーヤーを楽しませる演出が盛りだくさんなので、飽きることなくプレイできます。
そのためユーザーに合った世界観のゲームが見つかりますし、セキュリティ面でも万全な体制になっていますのでご安心してください。

プレインゴーのライセンスは、世界的にも非常に厳しい審査と取得が難しいマルタ共和国が発行しているのを保有しています。
また第三者機関による厳しい監視をされていますので、ゲームの設定を安易に操作できませんしイカサマや不正行為をされるリスクもないのです。

Quickspin(クイックスピン)

クイックスピンのソフトウェアメーカーもカジ旅だけでなく多くのオンラインカジノで採用されています。また5リールビデオスロットを主に導入しており、ゲーム数だけでも60種類以上も提供されています。

クイックスピンはビデオスロットを中心に導入されていますが、そのクオリティは高品質なゲームばかりですので、スロットプレーヤーから非常に人気があります。
またクイックスピンで提供されているスロットはペイアウト率も高くなっていますので、多くのハイローラーがゲームをプレイしています。

クイックスピンは2012に設立されており、比較的に新しいソフトウェアメーカーですが、イギリス、オルタニーなどで発行されているライセンスを取得しています。
またGLIといった第三者機関の厳しい監視体制の元に運営していますので、安心安全にゲームをプレイすることが可能です。

Evolution Gaming(エボリューションゲーミング)

カジ旅で取り扱っているソフトウェアメーカーの中にエボリューションゲーミング社も含まれていますが、こちらも日本国内でも知名度が高くて人気があります。
2006年にスウェーデンで設立されていますが、非常にクオリティの高いゲームを提供していますので、本場のランドカジノにいるかのような臨場感があります。

このエボリューションゲーミングは全部で6種のライセンスを所有しており、GLIの第三者機関による厳重な監視をされています。
そのためイカサマや不正行為などは一切できないようになっていますし、万が一発覚するとライセンスを剥奪されて運営できなくなります。

オンラインカジノ初心者やベテランまでが、安心してゲームができるようになっていますので、非常に安全性の高いソフトウェアメーカーです。
エボリューションゲーミングで提供されているゲーム設置数はバカラやを始めとしたブラックジャック、ルーレットなど100種以上も用意されています。

まとめ

カジ旅で取り扱っているソフトウェアメーカーは、マイクロゲーミング、ネットエント、プレインゴー、クイックスピン、エボリューションゲーミングなどです。
どれも知名度が高くて日本人にも馴染みのあるソフトウェアメーカーですので、カジ旅のゲームを安心してプレイして楽しむことができます。

どれも政府が発行しているライセンスをしっかりと取得して運営していますし、何十年もの間カジ旅を始めとした様々なオンラインカジノで提供されています。
また第三者機関もしっかりと入って監視していますし、乱数発生システムを導入していますので、勝手にゲームの設定を操作できません。

どのソフトウェアメーカーも日本語対応になっていますしサポートに関しても丁寧に心身になって受け答えしてくれます。
そのため英語が苦手なプレーヤーでも何かしら困ったことがあった場合は、安心して相談できますので、安全にカジ旅を利用できます。