シンガポールのオンラインカジノ・カジノを知ろう

3 min 65 views

まず、シンガポールのカジノの性質について説明します。

シンガポール共和国は、マレーシア南部に位置する島国の都市国家で、2つの大型カジノ、「シンガポール・ゲーミング」と呼ばれる国営の宝くじシステム、競馬場などがあります。シンガポールは世界的な金融センターでもあり、観光客や南国の多文化な住民に宿泊施設を提供しています。カジノは2つしかありませんが、シンガポールは、アメリカ、マカオ、カナダに次いで世界第4位です。開業以来、シンガポールのカジノ収益は常に世界のトップ10にランクインしています。驚くべきことに、顧客の60%はシンガポール人です。調査によると、成人一人当たりの年間カジノ利用額が最も多いのはシンガポールで、1位となっています。

ここ数年、マカオでは様々な要因で混乱が生じ、総収入が減少しています。これらの要因には、中国の経済回復の遅れ、北京の継続的な反汚職の取り締まり、カジノが仲介者に頼らずに自分の資金を危険にさらしてホイホイと資金を提供することによる不良債権の急増などがあります。2016年以降、シンガポールのカジノ事業者は、環境の変化に対応するために、VIPギャンブルからマスマーケットのプレイヤーに焦点を移し始めています。

そのため、時間が経てば経つほど、より多くのチャンスを見つけられることは間違いありません。

シンガポールのカジノ情報

シンガポールで初めて合法的なギャンブルが始まったのは、1968年に政府が導入した「シンガポール・ロッタリー」でした。この宝くじは、国内の違法賭博を抑制するために作られたもので、かつてこの地域を支配していた違法賭博シンジケートを実質的に排除するものでした。

シンガポール競馬場(Hanzi RacecourseまたはSingapore Racing Guild)が正式にオープンしたことで、シンガポール人は次の合法的な賭けの機会に直面しました。しかし、同クラブの歴史は1842年にまで遡る。

現在の問題は、アジアのギャンブル産業に降りかかっていますが、ギャンブル市場は新興市場とみなされており、伝統的なカジノが国の領土で盛んに行われています。遠隔地でのギャンブル行為については、シンガポール当局はギャンブルを全面的に禁止し、シンガポール人プレイヤーがモバイル機器やコンピュータを使って賭けをすることを認めないという徹底した対応をとっています。

シンガポールのギャンブル規制の歴史

シンガポール当局は、長年にわたりカジノ産業の多角化に消極的で、自国内にカジノリゾートを設立することに同意していました。しかし、2005年にリー・シェンロン首相がMarina BayとSentosaに2つのカジノを設立することを発表してからは状況が一変しました。シンガポール政府は、競争力を維持し、観光と経済全体を安定させるために、この動きを選択しました。

2006年初めにはカジノ規制法が導入され、2つのカジノリゾートに10年間の許可が与えられましたが、2016年に期限切れとなりました。

シンガポールのギャンブル法制 シンガポールは、カジノゲームの長い伝統を持つ国の一つではありませんが、近年、市場は急速に成長し、シンガポールはアジアで2番目に訪問者数が多く、影響力のあるギャンブルの目的地となり、年間収益は60億ドルを超えています。シンガポールの法律では、プレイヤーは国籍に応じて入場料を支払うことになっています。シンガポールの居住者は、外国人よりも高い金額を支払うことになっていますが、これは、ギャンブル当局が、外国人のギャンブルへの参加を抑制し、その結果、外国人が直面するネガティブな要素である使いすぎや依存症から保護したいと考えているためです。2005年当時、当局はMarina Bay SandsとSentosaの一部である2つのカジノをサポートしていました。

そこで、私たちは質問に答えます。シンガポールのオンラインカジノは合法ですか?
法律上、シンガポールでは地元のオンラインカジノは違法です。禁止されているとはいえ、まだ存在しています。実際、その数は増加の一途をたどっており、政府はその数を規制し、罪を犯した者に責任を負わせることがあまりできていません。

ここ数年、税収の減少を受けて、政府は違法なオンラインカジノを取り締まっています。2013年には、ラブアン州で違法なカジノ運営を行っていた約24人がマレーシア警察に逮捕・拘留されました。

しかし、町外れのオンラインカジノに関するシンガポールの法律には、答えがないことがわかっています。凄い! ギャンブルに対する政府の規制により、シンガポールの住民は違法なギャンブルに頼らざるを得なくなっています。オンラインカジノが違法であるにもかかわらず、政府は住民が合法的に有効なゲーミングライセンスを使って外国のサイトにアクセスしても何もできないのです。シンガポールでは、オンラインギャンブルに関する法律がまだ曖昧なため、多くの住民が厳密には法律に違反することなくカジノで遊ぶことができるという抜け道があります。

オンラインギャンブルは、その住民の間でますます人気が高まっています。ほとんどのオンラインギャンブルは、より競争力を高めるために、よりエキサイティングなオプションを提供します。オンラインカジノでは、通常のテーブルゲームやスロットに加えて、サッカー賭博などのスポーツ賭博も提供しています。一部のオンラインスポーツブックでは、コケコッコーの賭けも受け付けています。必要なのは、安定したインターネット接続が可能なコンピュータだけで、ギャンブルができるいくつかのサイトを自由に閲覧することができます。

シンガポール人プレイヤーを受け入れているオンラインカジノは?

シンガポールにはオンラインギャンブルに関する明確な法律がないため、多くのシンガポール住民が国際的なギャンブルライセンスを持つオンラインカジノを利用しています。これらのサイトは適切なライセンスを持っており、技術的にはマレーシアからのプレイヤーを受け入れることができます。これらのサイトの多くは、マレーシア・リンギットを通貨として受け入れています。プレイヤーが簡単に支払いや引き出しができるように、電子財布を介して行うことができます。

以下は、シンガポールからのプレイヤーを受け入れるオンラインカジノのリストです。

1XBET
22BET
キャプテンジャック
プラネット7
スロットマッドネス

お支払い方法

Visa/Mastercardは世界で最も信頼できる方法です。

SkrillとPaypalは最も人気のあるオンライン支払い方法です。

直接支払いは問題なく、時間を無駄にしません。カジノに信頼がある場合は素晴らしい方法

ビットコインの新しい決済方法。最高のオンラインユーザーのために。

関連記事

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *