カジ旅は要注意?違法性が気になった時に確認すべきポイントとは

カジ旅は日本人に人気のオンラインカジノとして、人気ランキングの常連になるほど人気がありますが、まだプレイしたことがない人の中には違法なカジノなのではと疑っている人もいるようです。

プレイしたいけれどカジ旅で遊ぶと捕まるのではないか、違法性のあるオンラインカジノで遊ぶのは危険ではないかなど、心配になるのは当然でしょう。

しかし、結論から言うとカジ旅に違法性があると言い切ることはできず、カジ旅の利用者がこれまで違法性を問われて逮捕されたという事実もありません。

ここでは、安心してカジ旅を利用するために知っておきたい、オンラインカジノの違法性、カジ旅の安全性についてまとめてみました。

カジ旅でオンカジ旅へGO” rel=”nofollow” fontawesome=”” target=”_blank” color=”#fff” bgcolor=”#e53935″ bgcolor_top=”#f44336″ bordercolor=”#e57373″ borderwidth=”1″ borderradius=”5″ fontsize=”bold” fontweight=”bold” width=”” fontawesome_after=”fa-angle-right” shadow=”#c62828″ ref=”on”]

オンラインカジノは日本の法律で「違法」とは言い切れない存在

カジ旅を含むオンラインカジノは、日本の法律において「違法」ではありませんが、はっきり合法と言い切るのも難しい、いわばグレーゾーンな存在です。

法律をどう解釈するかによって、違法だということはできるけれど、違法と断定することはできない、日本の法律で裁くのが難しいポジションにあるのがオンラインカジノです。

法的にグレーゾーンというと法律の抜け穴をついている悪質なサイトのように思えるかもしれませんが、パチンコなどもグレーゾーンにあるギャンブルなので、法律に不備があると考えることもできます。

日本にはギャンブルを罰するための賭博罪がありますが、これはギャンブルの胴元を取り締まるための法律なので、海外に運営拠点を置くオンラインカジノを取り締まることができないからです。

胴元を取り締まれないのに、プレイヤーだけを罪に問うことはできないというのがグレーゾーンになってしまう理由で、プレイヤーを積極的に逮捕しようとする動きがないのもこのせいです。

カジ旅はライセンスを取得して運営されている安全なオンラインカジノ

日本でカジ旅を取り締まる法律がないので、即カジ旅が安全と言い切れるわけではありません。

オンラインカジノを運営するためには、各国の政府や関係機関が発行するライセンスを取得する必要があり、それがなければ安全なオンラインカジノとは言えません。

カジ旅はキュラソーライセンスを取得しているので、発行機関において運営に問題がないと保証されているのと同じです。

オンラインカジノのライセンスにも信頼度のランクがありますが、カジ旅が取得しているキュラソーライセンスはトップクラスの信頼性を持つものなので、企業としての資金力、オンラインカジノの公平性などにも問題はないと考えて良いでしょう。

日本でオンラインカジノ関連の逮捕者が出たことも

カジ旅でプレイしても逮捕されることはないと言われても、オンラインカジノ関連のニュースをマメにチェックしている人なら「逮捕された人もいる」と反論するかもしれません。

確かに、オンラインカジノの利用者が逮捕されたことはあります。

しかし、この事件には続きがあり、逮捕者が出て注目され、最終的に基礎に至らなかったことで逆に「オンラインカジノに違法性がない」と証明する結果ともなりました。

事件があったのは2016年、逮捕されるに至った主な理由は以下の通りとされています。

  • 日本人プレイヤー向けに日本人ディーラーが開いたオンラインカジノ
  • 日本語での会話が可能
  • 他のプレイヤーのIDや賭け状況を把握できる

以上を基に、警察は「日本人プレイヤーを対象にしたオンラインカジノであり、明らかに日本国内で行われている賭博行為」として3名のプレイヤーを逮捕しました。

しかし、プレイヤーのうち1名が不当逮捕であると訴え裁判を起こし、最終的に不起訴処分になったことから「オンラインカジノのプレイヤーは逮捕・起訴されるべきではない」という判例を作る結果となったというわけです。

不起訴処分とは裁判では無罪と同じ意味で使われる言葉で、オンラインカジノのプレイヤーは逮捕・起訴されるべきではない判例になりました。

警察としては逮捕しても起訴できなければ面目に関わるため、プレイヤーを捕まえることはなくなり、以降は海外のオンラインカジノを利用した罪で逮捕されたプレイヤーはいません。

法律の抜け穴を利用するというとあまり聞こえはよくありませんが、逆に言えば法律に触れるようなことはしていないと言い切れるということにもなります。

カジ旅を利用する時には、こういう事件があったということも忘れないようにしましょう。

カジ旅の利用を公表するのはNG

最終的に不起訴になったものの、一度は逮捕されたプレイヤーがいるということにショックを受けた人もいるかもしれませんが、たくさんのプレイヤーの中で3人だけが逮捕されたのには理由があります。

それは、この3人がオンラインカジノの利用についてネット上で情報を公開していたからです。

いつオンラインカジノにログインして、どんなゲームをプレイしたのか、勝ったのか、負けたのかといったプレイ記録をブログなどで発信している人もいますが、この時はそれが決定的な証拠になって逮捕されたというわけです。

プレイ記録を公開して他のプレイヤーに注目してほしいという気持ちはわかりますが、グレーゾーンなオンラインカジノの利用を自分から公表するのは危険かもしれません。

違法ではないけれど、はっきり合法とは言い切れない以上、あまり目立たないようにしておく方が賢い遊び方と言えるのではないでしょうか。