チェリーカジノで安全に遊ぶために確認すべき違法性の有無

チェリーカジノは安全なのか、違法なオンラインカジノなのか。

登録してプレイする前に、最低限その点については確認しておきたいと思っている人も多いのではないでしょうか。

結論を先に言うと、チェリーカジノを違法とする証拠は一切ありません。

ただ、オンラインカジノを怪しげなギャンブルサイトと思っている人は、違法ではないと言ってもすぐに納得できないでしょう。

ここでは、チェリーカジノが違法ではないと言える根拠も含めて、安全性についてお伝えしていきます。

チェリーカジノでウェルカムボーナス” rel=”nofollow” fontawesome=”” target=”_blank” color=”#fff” bgcolor=”#e53935″ bgcolor_top=”#f44336″ bordercolor=”#e57373″ borderwidth=”1″ borderradius=”5″ fontsize=”bold” fontweight=”bold” width=”” fontawesome_after=”fa-angle-right” shadow=”#c62828″ ref=”on”]

日本におけるオンラインカジノ関連の法律

日本には賭博法があるのでオンラインカジノは違法と考えている人がいますが、それは確かに正しい知識と言えます。

実際、闇カジノ、賭けポーカー、賭けマージャン、野球賭博などで逮捕された人のニュースを聞く機会もあります。

ただし、これは古い法律のためインターネット上で行われるギャンブルを想定していませんし、元々は賭博の胴元を取り締まるための法律であるという点が重要です。

胴元が裁かれれば、付随してプレイヤーも罪に問われるというのがこの法律の仕組みで、胴元が処罰を受けなければプレイヤーの罪も成立しないということになります。

では、この賭博法をチェリーカジノに当てはめてみると、胴元に当たるのはチェリーカジノの運営会社ですが、会社の所在地はマルタ共和国にあるため日本の法律を適用することができません。

ということは、胴元が裁かれないのでプレイヤーも裁かれないという図式が成り立ちます。

マルタ共和国ではオンラインカジノを運営するライセンスを発行しているくらいなので、賭博行為は違法ではありません。

つまり、チェリーカジノはマルタ共和国のライセンスを取得して合法的に運営されている企業であり、そのチェリーカジノが提供するサービスを日本にいるプレイヤーが受けたとしても日本の法律で胴元が摘発されなければプレイヤーも罪に問われないということです。

海外のオンラインカジノだと思っていたら

チェリーカジノが違法ではないこと、少なくとも現時点では日本の法律で摘発されることはないと言える根拠はお分かりいただけたかと思いますが、しっかりとした企業の運営するオンラインカジノでない場合は、プレイヤーが危ない目に遭う可能性もあります。

実際にあったケースとしては、海外で運営されているオンラインカジノだと思っていたらサーバーは海外にあるものの実質的な運営は日本で行っていた、日本人限定のサービスを提供しているなどです。

こうしたケースでは、プレイヤーが騙されたような形になることもありますが、逮捕されなかったとしても警察に聴取を受けたり、お灸をすえられたりといったことも考えられます。

インターネットで海外に拠点を置くオンラインカジノを利用する時も、チェリーカジノのように長い歴史を持つ信頼できる企業が運営しているかどうかをしっかりと確認しておきましょう。

オンラインカジノでのプレイ記録は公にしないのがおすすめ

自分のためのプレイ日記として、オンラインカジノで遊んだ様子を克明に記している人がいます。

これ自体は、後から戦略を見直す時、使ったお金を確認するために役立つので悪いことではありませんが、ネットで公開するのは止めた方が良いかもしれません。

〇〇カジノをいつ利用した、どのゲームにいくら使ったという証拠をインターネット上に残すということは、カジノ側の記録と照らし合わせて個人を特定する情報を残すということにもなるからです。

オンラインカジノが違法でないと言える以上、今はそのような情報を警察が集めるようなこともないでしょうが、インターネットの怖いところは情報がいつまでも残る可能性があるところで、将来的に自分にとって不利な証拠になるかもしれません。

例えば、今は違法と言えないチェリーカジノでのプレイが日本の法律で罰せられるようになった時、過去にプレイしていたことを罪には問われませんが、違法になっても止められずにプレイしているのではという疑いをかけられることも考えられます。

警察に逮捕されなかったとしても、事情を聞かれるだけで周囲の人からは好奇の目で見られるでしょうし、家族や会社に迷惑をかける可能性もあります。

こうした事態を防ぐためには、違法となった時点ですっぱりやめることだけでなく、今の時点でオンラインカジノを利用していることを公表しない用心深さも必要です。

たくさんの日本人プレイヤーが登録しているチェリーカジノ自体が違法ではないものの、オンラインカジノ関連の法律はグレーなものも多く、今後も様々な変更が予想されています。

安全に利用するためには、不用意な行動をとらないこと、法律の改正についてのニュースには細心の注意を払うことが大事です。
これからもチェリーカジノでのプレイを思う存分楽しめるよう、自分から危ない目に合うような行動は避けるように気をつけてください。