チェリーカジノの出金方法を知る。銀行送金による出金。

チェリーカジノでは電子決済サービスだけでなく、銀行送金による出金にも対応できるようになりました。

以前から、銀行送金による出金が可能なオンラインカジノはありましたが、ほとんどは海外送金となるため手数料が高額、出金申請から着金までにも時間がかかり過ぎるので、あまり利用する人もいない、非現実的な方法とも言われていましたが、今は「国内銀行送金」という方法を使えるので、格段に便利さがアップしています。

国内銀行送金とはどういうことなのか、チェリーカジノで銀行送金による出金をするにはどうすれば良いのかなど、知りたい情報についてわかりやすくまとめてみました。

チェリーカジノでウェルカムボーナス” rel=”nofollow” fontawesome=”” target=”_blank” color=”#fff” bgcolor=”#e53935″ bgcolor_top=”#f44336″ bordercolor=”#e57373″ borderwidth=”1″ borderradius=”5″ fontsize=”bold” fontweight=”bold” width=”” fontawesome_after=”fa-angle-right” shadow=”#c62828″ ref=”on”]

チェリーカジノの出金方法は電子決済サービスが主流

チェリーカジノは決済手段が豊富なことで知られており、オンラインカジノで利用可能な電子決済サービスを網羅していると言っても良いほどです。

エコペイズやアイウォレット、ヴィーナスポイントはオンラインカジノで遊んだことがある人なら利用したこともあるかもしれませんし、他ではあまり採用されていないマッチベターという電子決済サービスも導入されています。

決済手段が豊富に揃っているとプレイヤーにとっての選択肢が増えるので、チェリーカジノを利用するためだけに決済アカウントを作成する必要はありませんし、チェリーカジノで作成したアカウントを他のオンラインカジノでも利用することが可能です。

チェリーカジノでも以前は電子決済サービスのみが出金時の選択肢でしたが、さらにプレイヤーにとっての利便性を上げる国内銀行送金による出金もスタート!

出金するためだけにアカウントを作るのが面倒、電子決済サービスアカウントから銀行口座にお金を移動する時に手間と手数料がかかるのがもったいないという人も、国内銀行送金ならコストも時間も大幅カットすることができます。

チェリーカジノで利用可能な「国内銀行送金」とは

銀行送金による出金に対応しているオンラインカジノは以前からあったものの、海外に拠点を置くオンラインカジノからの「国際送金」となるため着金には1週間以上かかるのが普通でした。

また、海外からの送金ということで銀行からの問合せが入るのが当たり前になっており、場合によっては銀行が着金を拒否することもあると言われていました。

これは、何のために誰が送金したお金なのかを確認するための問い合わせで、ギャンブルで得た勝利金と言わなかったとしても怪しまれることが多く、何度も繰り返していると最終的に受け取れなくなるケースもあったようです。

では、国内送金はこれまでと何が違うのかというと、文字通り国内の銀行から国内の銀行への送金で勝利金を手にすることができる仕組みです。

海外に拠点のあるオンラインカジノが日本国内の代行会社を通して送金するので、日本国内でのお金のやり取りとなり、着金までの時間も大幅に短縮、銀行から何の送金なのかという問い合わせが入ることもなくなりました。

さらに、海外送金と違って国内での送金となるので、送金手数料も格安でプレイヤーにとっては良いこと尽くしの出金方法と言えます。

【国内送金と国際送金の比較】

  着金までの日数 手数料 銀行からの連絡 着金拒否
国内送金 1~3営業日 1000円程度 ほとんどない なし
国際送金 7~10営業日 3000円前後 ほぼ確実にある 頻繁にあり得る

上記の表で比較してわかるように、国内送金は安く、早く、便利な方法で、電子決済サービスアカウントを解説する手間もかからないので、めんどくさがりの人にぴったりです。

もちろん、手数料を節約したい人、資金移動は最小限に抑えたい人にも国内銀行送金での出金がベストな選択と言えるでしょう。

国内銀行送金を選択する際の注意点

チェリーカジノからの出金手段としてベストな方法と言える国内銀行送金ですが、誰でも選べる出金方法というわけではないので注意が必要です。

銀行送金で出金できるのは、クレジットカードで入金したプレイヤーのみとなっています。

これは、クレジットカードが出金に利用できない決済手段だからで、他の方法の場合は入出金の方法を統一しなければならない決まりのため、銀行送金という選択ができないというわけです。

また、銀行送金による出金は手数料が一律5ドル必要で、最低出金額は500ドルと他に比べて高く設定されている点にも注意しましょう。

とはいえ、出金先の銀行名や支店名はプルダウンメニューで選択可能、口座名義人名と口座番号を入力するだけで利用できる国内銀行送金はかなり便利な方法であることは間違いありません。

チェリーカジノへの入金にクレジットカードを利用する予定の人で、なおかつまだ電子決済サービスのアカウントを開設していない人は、国内銀行送金での出金も選択肢に入れて検討してはいかがでしょうか。

もちろん、エコペイズやヴィーナスポイント、アイウォレットなどの電子決済サービスアカウントを持っていれば、他のオンラインカジノでも使えますし、クレジットカードでの入金トラブルが起きた時には、入金手段としても利用できます。

自分がどの程度オンラインカジノを使うのか、保険として色々な決済手段をキープしておきたいのかなど、自分に合うパターンを考えてみましょう。