ダスティン・ジョンソン、ついにプレーヤーズ選手権でTPCソーグラスに挑む。

2 min 16 views

ダスティン・ジョンソンはプレーヤーズ選手権で一度も優勝したことがないが、今週末のTPCソーグラスでは、いわゆる5つ目のメジャー制覇の有力候補として臨むことになる。

プレーヤーズ選手権オッズ:ダスティン・ジョンソン
ダスティン・ジョンソンはプレーヤーズ選手権で最高の結果を残していませんが、今週末のTPCソーグラスに向けて自信を持っていると言います。(画像: Getty)
FanDuel Sportsbookでは、ジョンソンをプレーヤーズ選手権の優勝候補として+1200としていますが、これは明確な人気者がいないフィールドの中では最も低い数字です。

ジョンソンは春のソーグラスを好みます。

また、10人のゴルファーが+2500以下、13人のゴルファーが+5000以下となっています。世界のトッププレーヤーのほぼ全員が出場しているこの大会では、競争に不足はありません。
しかし、世界No.1プレーヤーがトップに立っています。ジョンソン選手はプレーヤーズ選手権での成績が芳しくありませんでしたが、近年は変わり始めており、2017年と2018年はいずれもトップ20に入り、2019年は5位タイでした。昨年の大会は、COVID-19パンデミックの影響で早くも第1ラウンド終了後に中止となりました。

ジョンソンは、特にこの時期のTPCソーグラスには何年もかけて慣れてきたと言います。

 

ジョン・ラーム(+1700)は、2019年からディフェンディング・チャンピオンのロリー・マキロイ(+1800)を差し置いて、セカンド・チョイスとしてプレーヤーズ・チャンピオンシップに参戦します。マキロイは最近一貫性がなく、3年ぶりに世界ランキングのトップ10から外れてしまいました。

 

プレーヤーズ選手権ではデシャンボーのルールが適用される

ブライソン・デシャンボー(+1900)は、先週のアーノルド・パーマー・インビテーショナルで優勝した後、TPCソーグラスにパワーゲームを持ち込もうとしています。PGAツアーには、18番ホールをプレー中に9番ホールに打ち込むことを禁止するローカルルールがあり、デシャンボーはそれを検討していると言っていました。

しかし、デシャンボーは、プレーヤーズ選手権で優勝したいのであれば、慎重になる必要があると語っています。

今シーズンは、チャンピオンズ・トーナメントでの同性愛者への誹謗中傷問題や、タイガー・ウッズの交通事故など、様々な要因で気が抜けない状態が続いている。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *