ホイアナ|ベトナムの宝!40億米ドルの統合型リゾート13年をかけて7段階で建設!!

3 min 37 views

ベトナムのホイアナリゾートは、40億米ドルを掛けた本格的なベトナム文化を堪能できるIR施設です。

北にダナンを接するクアンナム省の周辺にとってホイアナは、この地域に高級宿泊施設
とエンターテインメントのオプションを加えてくれました。

他のアジア各国のカジノにはない、ゆっくりとした時間をホイアナのカジノが与えてくれます。

どのようなニュースなのか、様々な観点から解説していきます。

ホイアナ|ベトナムの宝!40億米ドルの統合型リゾート13年をかけて7段階で建設!!

ホイアナのIRは、2016年に着工して13年をかけて7段階に分けて徐々に建てられていく構想です。
完成の目標は2030年であり、建設完了後は数あるIRの中でも今までにないレジャー施設となります。

第1フェーズは、10億米ドルを少し超えた建設額での完成予定であり、チャンピオンシップゴルフコース、本格アジアレストラン、そしてホイアナ・サンシティ・カジノが作られました。

第2フェーズの工事は開始予定となっており、家族向けの雰囲気を与える4つ星ホテルや住居用アパートやヴィラ、湖畔のショッピング施設、共有レクリエーションエリアが建設になる予定です。
広大な施設は世界市場にアピールする形になりますが、特に主要な地域ベースに焦点を当てて作っていると言われています。

ベトナムではゲーミング規制がまだ厳しい

ベトナムでは、フーコック島のカジノを除き、国民によるゲーミングは禁止となっています。
2019年にホイアナの一部アトラクションをオープンする決断は、絶好な機会として見ていると言っています。

ホイアナ・サンシティのゲーミングテーブルは、140台です。
マシンは1,000台の容量がありますが、346台しか稼働していません。
しかし、ホイアナ・サンシティは驚くほどにビジネスは好評となっており、広範囲の駐在員コミュニティに後押しされています。

ホイアン・サウス・ティロップメントのCEOは、ウイルス拡大防止のためにベトナム国内のマーケットや国内駐在外国人のコミュニケーションに焦点を絞っていると言っています。
ベトナム国民は、二重国籍者ではないとプレイができません。

徐々に出来上がる様々なホテル&スイート

2020年7月にオープンとなった、ホイアナホテル&スイートは、全ての部屋がスイートのホテルとなっています。
その設計は「チャーミング」と説明されており、個別のバトラーサービスや16回には屋外インフィニティプールを設けました。
その景色は最高であり、離接している海部屋近くのチャム諸島の景色を堪能することができます。

ホイアナホテルズの複合施設マネージングディレクターのブノワ・アマド氏は、2021年第1四半期にオープンするニューワールド・ホイアナホテルの設計は「ベトナム中部へのアッパー・アップスケール(最高級に次ぐ高級)・ゲートウェイ」をモットーに作られる予定となっています。
最大の快適を味わえる設計となっており、便利さも現代的な感覚で考えた上で設計されています。

また、2021年にオープン予定のKHOSホイアナは、持続可能な形のデザイン設計であるゲストルームやスイートルーム、家族向けの独創的なインドア/アウトドアプレイグラウンドのKHOS Olay」高級スパである「Renew」などの、リラクゼーションを徹底的に堪能できるテーマの調和体験も用意されます。
このホテルは、新世代の旅人に向けて再考された考えが採用されており、飲食や出会い、リラクゼーションコンセプトを提供してくれます。

2022年にオープン予定の「Asaya]は、最高級ヴィラに宿泊して、施設では専用のスパトリートメントをが提供されます。

これらの4つのホテル空間に共通しているのが、「リレーションシップ・ホスピタリティ」と呼ぶサービス哲学へのローズウッドの献身だと言われています。

ゲストやビジネスパートナー、コミュニティと、長く続いていく繋がりを作る大切さを信じており、ベトナムの文化の真の温かさや魅力により強化された真心より生まれたサービス提供を考えた施設です。

IR統合型リゾートを開放的な空間として考えている施設

IR統合型リゾートというのは、閉ざされた空間と思われがちです。
しかし、ベトナムのホイアナリゾートは、外に出て美しい場所を体験することを勧めています。
その理由は、ゲストにとって記憶に残る体験となるからと語っています。

ホイアナリゾートは、ホイアナの立地がとても良い環境となっています。
敷地は945ヘクタールであり、3km以上も海に面しており5km以上も海岸道路に面している立地です。
元々農地だった場所であり、静かで癒される場所である部分も、閉鎖的ではなく外の雰囲気を堪能してもらいたい理由となっています。

他のIRにはない開放的で癒される要素が満載な空間で、今までになかったリラックスやリラクゼーションを堪能してゆったり過ごしてみるのも良いでしょう。

関連記事

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *