オンラインカジノってイカサマしてるの?

4 min 21 views

オンラインでは不正行為やイカサマは行われていないと、よく言われていますが、中には心配になっている利用者もいらっしゃるかと思います。

実際にゲームをプレイしていると、「あれ?イカサマをされている?」と感じるような瞬間もあります。

ではなぜ不正行為を感じるような場面があるのか、本当にオンラインカジノはイカサマをいていないの?と気になるかもしれません。

そこでこの記事では、オンラインカジノはイカサマをしているの?についてご紹介していきますので、参考になれば嬉しいです。

イカサマしている?安心安全な理由

オンラインカジノ利用者の中には、「イカサマし放題じゃないの?」「不正行為が簡単にできるでしょ?」と、半信半疑の方もいらっしゃるかもしれません。

確かにオンラインカジノは海外の企業が運営していますから、イカサマを心配するかもしれませんが、安心安全に利用できますのでご安心してください。

ではどうして、オンラインカジノは安心安全なのか?以下で、その理由を詳しく紹介していきます。

政府発行ライセンス

現在では2,000を超えるオンラインカジノが存在していますが、そのほとんどが政府から発行されてるライセンスを取得して運営しています。

このライセンスは非常に厳しい審査をいくつもクリアして、ようやく取得できますからオンラインカジノがは安易にイカサマができません。

法律上オンラインカジノは、政府から発行されるライセンスを(運営許可証)を取得していなければ、運営できないのです。

つまり合法の元運営していますからイカサマもありませんので、安心安全にオンラインカジノを利用できます。

中にはライセンスを取得でずに運営しているオンラインカジノも存在しますが、違法行為ですしイカサマをされる確率も非常に高くなります。

信頼できる審査

オンラインカジノで発行されているライセンスは国や地域によって異なりますが、ほとんどが信頼できる審査を行っています。

ライセンス料や税金、資金源などを徹底調査して、無事にクリアできたオンラインカジノだけが運営できますが、中には甘い審査をしている政府もあります。

因みにライセンスを発行している政府は、「イギリス」「ジブラルタル」「キュラソー」「フィリピン」など、15箇所以上の国です。

中で最も厳しい審査を行っているのは、ヨーロッパ地域のマルタ共和国と言う国で、細かい部分まで徹底調査して監視しています。

つまりマルタ共和国でライセンスを発行しているオンラインカジノで遊ぶことで、不正やイカサマは一切ありませんから、安心安全にゲームをプレイできます。

イカサマをしない理由①「信頼性」

オンラインカジノの利用者の中には、ペイアウト率などを勝手に操作して、プレイヤーが勝てないようにしていると、感じているかもしれません。

しかしほとんどのオンラインカジノは、しっかりとしたライセンスを持ち合法で運営していますから、信頼性を失うことはしないのです。

これから以下でオンラインカジノがイカサマをしない理由でもある、「信頼性を失う」について詳しくご紹介していきます。

新規プレイヤーが集まらない

オンラインカジノで不正行為やイカサマをしてしまうと、一気に全ての利用者に広まりますから、インターネット上に拡散されますから、新規のプレイヤーが集まらなくなります。

オンラインカジノに新規で登録しようとしているプレイヤーに、その情報を知られてしまうので、誰も利用したくないと考えます。

オンラインカジノに利益が上がらなくなりますから、運営会社としてもデメリットですので、わざわざイカサマをしようとは思いません。

新規プレイヤーも不正行為やイカサマをしている、オンラインカジノを利用したいとは思いませんし、別のオンラインカジノに登録するはずです。

こうしたこともあり、ほとんどのオンラインカジノは信頼性が高くなっていますから、新規のプレイヤーも安心してゲームを楽しめます。

しっかりとしたサポート体制がある

悪質なオンラインカジノでは日本語での対応がありませんし、スタッフのサポートも適当な態度をしますから、利用者も不安に感じます。

そのためイカサマや不正行為があった時に、お問い合わせからいつまでも返信がなかったり、曖昧な対応をしてきます。

基本的にオンラインカジノは海外に向けて運営していますから、日本人でも安心してゲームがプレイできるように、しっかりとして日本語でのサポート体制が整っています。

オンラインカジノを利用中に何かしらのトラブルや困ったことがあった場合は、24時間いつでも対応してくれます。

スタッフも丁寧な対応をしてくれますし、お問い合わせをしてもすぐに返信がきますから、プレイヤーも安心できますので、信頼性があります。

イカサマをしない理由「RNGの導入/第三者機関」

不正行為を行っている悪質なオンラインカジノでは、運営側がゲームを操作して、プレイヤーを勝てなくすることで利益を得ています。

当然プレイヤーはいつまで経ってもゲームに勝てませんし、大切な軍資金を失うことになりますが、合法のオンラインカジノではこうした行為は一切できません。

不正行為ができない理由は、RNGや第三者機関の厳重な監視体制がありますので、以下で詳しく見ていきましょう。

RNGの導入

基本的に全てのオンラインカジノでは、全てのプレイヤーが公平になるように、RNGシステムが導入されていますから、不正行為ができなくなっています。

RNGは乱数発生設置のことですが、規則性がありませんから、全ての数字をランダムに決めていきますので、その日その時によって当たりハズレが決まります。

RNGはヒット率や返還率をコントロールしていますから、必然的にオンラインカジノ側にもメリットがありますので、わざわざ不正行為をする必要がありません。

つまり乱数発生設置を導入していることもあり、大きな収益になりますから、不正行為をされることもなく、安心してゲームがプレイできます。

第三者機関

第三者機関は主に「不正がないか」「公平なのか」「安全なのか」など、厳しく監視していますから、安易にイカサマができません。

オンラインカジノを利用しているプレイヤーからしてみれば、「どちらかの味方になってイカサマができる」と考えるかと思います。

しかし第三者機関はあくまでも中立な立場ですから、どちらか一方に付くことはありませんし、不正行為を調査してすぐに見つけます。

オンラインカジノ側やソフトウェア会社は、第三者機関によって不正行為を隠せませんから、厳重なセキュリティ体制が整っています。

第三者機関が監視している合法のオンラインカジノでは、安全性や公平性が非常に高くなっています。

まとめ

不正行為やイカサマを一切行っていない合法のオンラインカジノは、ライセンスや第三者機関、ソフトウェア会社などがしっかりとしています。

政府から発行されるライセンスは、オンラインカジノを運営するためには必要不可欠ですし、第三者機関の厳しい審査があります。

そのため利用者が思うようなイカサマは全くありませんから、安心安全にゲームをプレイすることができます。

関連記事

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *