2021年日本IR試練の時!日本のIRは成功となるのか!

3 min 3 views

日本はIRにおける聖杯であり、世界の中で数少ないカジノゲーミングが無い先進経済の1つです。
理論上ではIRは非常に儲かると言われており、ギャンブル好きの日本人により好まれる事は間違いないと言われています。

素晴らしいリゾートと言われているIRには、様々なメリットがあります。
日本でのIR事業は、成功となるのでしょうか。

どのような記事なのか、様々な角度から解説していきます。

2021年日本IR試練の時!日本のIRは成功となるのか!

日本は、先進経済の中で数少ないカジノゲーミングが無い国です。
理論上では、日本にIRができることは非常に儲かるはずと言われています。

日本は世界第3位の経済大国であり、その規模は5兆ドルと言われている凄さです。
1人あたりのGDPは約4万ドルと言われており、とても豊かな国です。
日本国民はギャンブルが好きであり、巨大なパチンコ産業と世界最大の競馬市場があります。

IRというのは、そのようなギャンブルにプラスして、得読の分型縛らしい建物、デザイン、世界中の人が興味を持つ洗練された料理を加えたものです。
日本のIRには、安定した地元市場と国内外から訪れるコンスタントな旅行客の2つを持っていると言われています。

日本のIR計画初期の頃とは違う現在の日本IR誘致の現状

過去10年の間に、世界の主要のIR企業の全てが、日本の「第1ラウンド」で発行される最大3つのライセンスの1つを獲得しようとして現金をつぎ込みました。
候補となった事業者は、南アフリカなどの遠くの国の事業者など様々な国から現れました。
南アフリカとボツワナに12もの施設を運営しているぴあ門とホテルズは、日本のIR計画の初期の頃の関心を示していましたが、現在はレースには不参加です。

このように日本のIR計画の初期の頃は、非常に多くの世界IR事業者が前向きでした。
メルコのローレンス・ホー会長兼CEOは、必要なことは何でもすると述べており、世界各国の日本のIR事業に関心を持っている企業の感情の象徴と言われていました。

しかし、最終的には温かくぼやっとしている日本に対し「日本大好き」という言葉は、非常な状態によって道を譲ることになってしまいました。
その理由は、世界的な新型コロナウイルスの感染拡大による影響です。
新型コロナウイルスの猛威は世界的に治まる雰囲気はなく、日本のIRへの興奮を冷めさせてしまう大きな役割となってしまいました。

日本のIRプロセスが長続きしてしまった中で様々な規制が出来てしまい、候補事業者に不利な状態を与えてしまいました。
また、日本独自の規制も影響してしまい、多くの企業が途中で挫折してしまうこととなってしまいました。
日本のIR誘致は、計画時とは全く違い活気がない状態となってしまいました。

日本のIR計画に影響を与えている3つの重要な要素

2019年のはじめに、2万6千語のマカオ大学卒業論文の一環で、13人の非常に経験豊富なアジアIR幹部に行った長編インタビューがあります。
そのインタビューのタイトルは「とあるアジアの統合型リゾートに他よりも儲けさせるには?」というものでした。

この時にインタビューで話を聞いた幹部達の平均経験年数は27年であり、その中には何万人もの従業員を抱える数十億米ドル規模の施設のトップもいました。
インタビューの話をまとめると、アジアのIRの採算性に対して影響を与える3つの要素があるといいます。

それは、近隣地域の大きな人口ベースとアクセスダイナミクス、IR賛成派の政府や規制機関の3つです。
この3つの重要な要素は、現在日本でライセンスの取得を目指している事業者企業に影響を与えていると言われています。

最大の日本のプロセスの問題の1つは、当局が現地の時効ベースが大きく異なることに対し、大都市と地方のIRを規制上区別していないことです。
例えば東京首都圏は世界最大の都市集積地域であり、3,800万人の人口となっています。
これに対し長崎や和歌山の人口は50万人以下であるにも関わらず、全く同じ条件でのIR用件設定となっています。
このような誤った等価関係は商業的に道理にかなった状態ではありません。

アクセスダイナミクスは、IR誘致で有力と言われている大阪や横浜には近くに国際空港があります。
しかし、長崎や和歌山のような地方の候補地の場合は近くに国際空港がないので、重大なアクセス状の問題が発生してしまいます。
和歌山は大阪に近く長崎は福岡に近いので、近くに国際空港があることになります。
しかし、国際空港との距離感は大阪と横浜と比べると全く異なります。

コンソーシアムは理に適っている

日本のIR事業者として手を挙げている業者の中には、コンソーシアムで協力している企業もあります。

コンソーシアムでビジネスを行うことは、これまで日本では非常に多く行われてきたことです。
大規模プロジェクトの場合は特に多く、日本企業とってグループ営業を行うことは、長きに渡った一般的ビジネス慣習でもあります。

また、2つ目に投資額が驚異的な額ということです。
世界の大都市のIRは、100億アメリカドルという額が平気で話し合われます。
小規模の地方方のIRでも、議題に上がる投資水準は30億アメリカドル近くになります。
日本では、これらの2~3倍物巨額な投資水準で話し合われており、コンソーシアムを組織することで複数の参加企業で巨額の投資を分け合うことができます。

3つ目は、日本版IR運営のためには様々なスキルや能力が求められることです。
そのノウハウを全て単独で持っている企業はなく、パートナーを組んでいくことで、個々の企業のノウハウや知識を共有することで対応することができます。

事業者公募を各地域で行いましたが、レースの参加者は減り続けています。
一部のIR事業者からは、日本版IRは厳しすぎる部類に認識しています。
パンデミックに支配されている今の状況から、更に難しすぎるIR誘致になっていくのではないかと言われています。

関連記事

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *