オンラインカジノで使えるマーチンゲール法をまとめてみた。

3 min 9 views

オンラインカジノにて遊ぶ際にゲームをもっと楽しくさせるのがマーチンゲールという攻略法です。

様々な攻略法が存在しますがこちらは「高い確率で勝てる」とにんしきされているのです。

今回の記事ではポピュラーな攻略法であるマーチンゲール法のデメリットやメリットを解説させていただきます!

カジノで使えるマーチンゲールって何?

こちらの攻略法は大体50%で勝てるカジノゲームに対して有効的な別途方法になります。

こちらのやり方はゲームで負けてしまったらベット額を倍にして、ゲームに勝利できたら賭ける金額を倍にするのです。

例としてとあるゲームで2ドル描けて、もしゲームで負けてしまった場合は次に4ドルを描けてるようにするのです。それらを勝つまで繰り返していきましょう。勝ったあとはベット額を1ドルに戻すのです。

どの場面で勝っても最初のベット額だけ獲得することが可能です。

最初にベットした金額が2ドルの場合は2ドルが返ってきて、10ドル賭けた場合は10ドルが返ってきます。しかし最初は勝利してもその後に10連敗された場合は利益は変わりません。

多くのカジノゲームで使うことができるマーチンゲール法は様々なベット法の基礎となっておりまして、「マーチンゲール法に始まり、マーチンゲール法で終わる」と言われるほどです。

理論的にマーチンゲール法は勝つことができます。

何回負けても最後に勝つことができれば最初にベットした額を取り戻せるのがマーチンゲール法です。

ですので勝つまでやり続ければ実質的に100%勝利することができるのです。

しかし負けてしまったら元を取り返すことができませんので注意しましょう。

ベットには最大金額が設定してある/h3>
すべてのオンラインカジノにはベットする際の最大金額がございます。それ以上の金額をかけることができないのです。

そうすることで「賭け続けて勝つ」のができないのです。

ベットの最低額が2ドルで最高額が1000ドルの場合は10回ほど賭けて勝たないとマーチンゲールでは勝つことができなくなるのです。

こちらの賭けた金額の大きければ大きいほどマーチンゲール法が有利になってくるのです。

実在するカジノではどれくらいの幅があるのかというと、こちらは最低の賭け金と最高の賭け額の幅がとても大きく、マカオにあるカジノは香港ドル500から香港ドル2000000と約4000倍もの差があります。一方韓国は10000ウォンから3000000ウォンと約300倍の差があるのです。もちろん地域によっては異なります。

一方オンラインで遊べるカジではライブバカラという代表的なものがあるのですが、こちらは低くて5ドルから10000ドル

オンラインカジノではゲームにもよりますが、代表的なライブバカラを例に出しますと最低5ドル〜最高10000ドルとマーチンでのベット11回ベットすることができます。

要するに10回のベットでマーチンゲール法を使ってベットを行うことができるのです。

持っている所持金には限界がある

仮にベット額に上限がないとして無限にベットすることが可能でも、プレイヤーの資金には限界があります。

例として50万ドルほどベットしていいと言われる場合でも手持ちにある資金がたったの500ドルだった時は500ドルしかベットできません。

マーチンゲール法では負け続けてしまった場合、賭ける金額がどんどん増加していきますので、ちょっと負けただけでも多くの額を使わなければいけないのです。

この2点からマーチンゲール方はオンラインカジノを遊ぶ際の必勝法にはならないのです。

オンラインカジノやランドカジノではマーチンゲール方は禁止されてる?

たまにランドカジノやオンラインカジノでマーチンゲール法を使うのはダメなのではないかという疑問を持っている人がいますが、こちらは基本的に大丈夫です。

どこのオンラインカジノでもマーチンゲール法を使っても大丈夫です。ランドカジノでも基本的にこのような攻略法が禁止されているのは一切ないのでご安心ください。

上記にも記載したとおり、手持ちの所持金には限界があるのでカジノ側はマーチンゲール法を禁止する理由はないのです。

またマーチンゲール法に頼りすぎているプレイヤーの多くは総合的に見ても負けている事実も見受けられるのです。

持っている所持金のバランスへ気をつけてください

マーチンゲール法で遊ぶ際に気をつける際には手元にある所持金の額ですね

こちらでは一回でも勝てば負けた額を取り返すことができるので、所持金が少なくても負けることはあまりないと勘違いしてしまいがちです。

しかし2ドルから賭けるのを初めた時、もし負け続けてしまった場合はどうなってしまうのでしょうか?

「1回目に2ドル⇒ゲームに負けたら4ドル⇒再度負けた場合は8ドル」

こちらのように掛け金を倍にする際にですが、もし19回負けてしまった後の掛け金はいくらぐらいになるかわかりますか?

実に1,048,576ドル。つまり約11,600万円です。

同じようなカジノゲームで20回も負けることはあまりありませんが、実は昔にモナコにあるランドカジノではルーレットで「黒」が26回も連続で出た記録があるのです。

確かに同じゲームで20連敗する可能性は低いですが、過去にモナコのランドカジノのルーレットで26回連続で「黒」が出たという記録があります。

そういった際にずっと「赤」に別途していた場合は約300億円の所持金が必要になってきます。

まとめ

勝利をするまで掛け金を倍にさせていくマーチンゲール法は数ある攻略法の中でかなりポピュラーでございます。

しかしこういった攻略法を使うのは賢い手段ではない印象があります。

基本的に勝つことはできるのですが負けた際のリスクがとても大きくあまりオススメはできません。

カジノで遊んでいく際にはこういった攻略法や必勝法を知っておくことでゲームの幅が広がっていくと思います。

マーチンゲール法以外にもいろんな攻略法などがありますので、もしオンラインカジノやランドカジノで遊ぶ際には色々と知っておくのもいいでしょう。

関連記事

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *