カジノではモンテカルロ法で勝つことができない!?色々とまとめてみた!

4 min 11 views

オンラインカジノのテーブルゲームではモンテカルロ法という攻略法があります。これらは非常に有効的でモンテカルロ法で実際にランドカジノやオンラインカジノで多額の賞金を得ている人もいるのです。

されどモンテカルロ法は安定した攻略法ではないのです。ネット上の意見を調査して見た際は「モンテカルロ法では負けてしまう」「モンテカルロ法は基本的に勝てない」というあまりポジティブではないことが書かれています。

今回の記事はオンラインカジノやランドカジノではモンテカルロ法は通用するのか実際に色々と解説していきます。

カジノで知られてるモンテカルロ法って何?

カジノで有効的なモンテカルロ法ですがこちらは左側の数字から右への数字を足していく金額を賭ける攻略法になります。

ゲームは勝った際はそれたの数字を消して、負けてしまった場合は数字の方を右側に増やしていく手法で進めていきます。最後に両側の数字が足すことができなくなった場合は終了されます。

ランドカジノでもよく使われていたモンテカルロ法ですが、実際に遊んでいるカジノを潰してしまうほどものすごい手法であったと伝えられています。

今はランドカジノではモンテカルロ法を行うことは禁止されているのですが、オンラインカジノで使用しても問題有りません。

しかしモンテカルロ法は数ある攻略法でも、こちらの手順を覚えるのが非常に難しくなっております。

その代わりに1度さえ覚えることができれば、利益を得ることができるので安定して勝利することができます。勝率を多少上げたいと思う方はモンテカルロ法を試してみるのもいいでしょう。

モンテカルロ法の基礎的な知識とは

モンテカルロ法ですが、こちらのルールは両側の数字を足すようにしてそれをベットしましょう。このような掛け金を決定する際のやり方について解説させていただきます。

こちらのモンテカルロ法では、まず最初にやり方ですが1・2・3の数字を表示して初めます。
その両側の数字を足していって4ドルが初めの賭け金になります。このルールはどのゲームでも変わりません。

実際に4ドル賭けてゲームに挑戦して、もし勝った場合は両側の数字を1つ消すのです。

もし1・2・3であった時は両側の1と3の数字を消して残った2の数字のみになります。

1つの数字では掛け金が作ることができないので、このような事が起きた場合はモンテカルロ法を行うことができません。

一方ではゲームに敗北されたら数字を1つ増やすようにしましょう。こちらで増やしていくのは右の数字に1を足すのです。

1・2・3だった時は次に4を右に追加しましょう。そうすると1・2・3・4というようになりまして、次のゲームにて両側の数字を追加して5ドルをベットしましょう。

こちらのようにモンテカルロ法は両側の数字を追加していってベットしながら、ゲームに勝利できたら両側の数字を削除して、また敗北したら増やす形になります。

最後にはその数字が1つになったときは再度数字がなくなるまでプレイを続けるのです。

カジノで遊ぶ際のモンテカルロ法の長点

モンテカルロ法の長点は下記になります。

安定して賞金をゲットできる
勝てなくても利益になることもある
3倍の設定があるカジノゲームでも使える

このようなメリットがあるのです。ある程度安定して勝つことができるのがモンテカルロ法の長点でございます。

安定して賞金をゲットできる

数字を削除するだけで利益が獲得できるのは当たり前なのですが、カジノで勝つことができれば利益をゲットすることができるメリットが有るのです。そのため安定して勝ちたいと思う人にはぴったりな手法です。

覚えていくのがとても難しいのですが、これらを覚えていけば安定した勝ち続けることが可能でしょう。

勝てなくても利益になることもある

以前にもまとめましたが3倍であるカジノゲームではあまり勝つことができなくても利益を得ることができるのです。

2倍に設定されてるカジノゲームは50%ほどの勝率が目安になりますが、3倍に設定されているゲームでも4割ほどの勝率を獲得することができるのです。

確率が低くても勝ちたいという方、もしくは確実に利益を獲得したいと思っている人はモンテカルロ法を試してみるのもいいでしょう。

3倍で設定されてるゲームでも使用できる

モンテカルロの攻略法では2倍の配当の他にも、3倍ほどの配当を使うこともできるのです。

これ以外の攻略法は3倍のカジノゲームでやってみると負けてしまうこともあるので、利益を獲得できないこともあります。

それと同時にベットする額が増えていくなどによる損失も増える可能性があります。

それでもモンテカルロ法では3倍のゲームで使用しても問題なく使える上に利益を得ることができるのです。そのため3倍のゲームではモンテカルロ法を使うのもいいでしょう。

モンテカルロ法を使う際の欠点

モンテカルロ法には様々なメリットもありますがデメリットももちろんあるのです。

ルールがとてもややこしい
ペンと紙が必要になる
最後は負けることもある

モンテカルロ法ではこのようなデメリットがあるので、とある要素が揃ってしまうと負けてしまうこともあるのです。

ルールがとてもややこしい

モンテカルロ法はとても便利なのですがルールがとてもややこしく理解しづらい点もあります。

このルールはきちんと把握しないとモンテカルロ法が成功することは難しいです。

状況によってはミスしてしまうこともあるので、利益を獲得できるどころか損してしまうこともありえるのです。そのためモンテカルロ法をきちんと学ぶようにしましょう。

ペンと紙が必要になる

モンテカルロ法ではペンと紙が必要になって来ます。
数字を覚えて把握する必要があるのですが、これらをすべて覚えることは非常に難しいのです。

ペンと紙さえあればより効率的にモンテカルロ法を続行することができるのです。

モンテカルロ法は他の攻略法と違って脳内に記憶するだけでは非常に難しいので、間違ってしまわないようにメモを取るようにしましょう。

最後は負けることもある

2倍のカジノゲームで遊んだ際にモンテカルロ法を使うと損してしまうことが起こります。

その最もの理由は勝ち負けの回数になります。負けて回数が多くなると実際の配当よりベット金が多くなってしまいます。

2倍のゲームで遊んで負けが続いてしまうと最終的に損してしまう可能性が高いです。勝率もきちんとチェックしましょう。

2倍配当のゲームと3倍配当のゲームの違い

配当が2倍になったりまたは3倍になったりするゲームではモンテカルロ法がとても有効的です。

賭けるところによっては勝ってしまったときの反応が変わるのですが、他にどんな違いがあるのか気になりますよね

配当されたところが3倍のカジノゲームで応用された際、勝利すれば右に数字を書かなくてもいい上に、同時に4つの数字を削除することが可能です。

ですので5回の内1回でも当てることができれば、トントンと回収することができるのです。

一方は配当が2倍になるカジノゲームの際は勝つことで2つの数字を消すことができるので3回に1回当てるとトントンになります

そうすることで配当が3倍担ったほうが楽に回収できるかと疑問に思うかもしれません。
しかし配当が3倍の場合は当たってしまう確率が3分の1になるのです。

ですのでどれがいいのかっていうことはないので、どれでもいりょくが発揮できるようになているのです。

まとめ

今回はモンテカルロ法の必勝法を紹介させていただきました。きちんと使いこなせれば非常に効果的な戦略法です。

なるべくリスクを抑えながら利益を出すことができるので、昔はカジノを潰したこともある歴史もあるほどです。

非常に高難易度な戦法ですが慣れてしまえば非常に強力なマーチンゲール法です。

試す際にはメモをしながらモンテカルロ法を試していくようにしましょう!

関連記事

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *