ネットベットカジノは違法営業?プレイヤーが逮捕される可能性は?

ネットベットカジノを利用する時に違法性はないのか、プレイしたら逮捕されてしまうのではないかとビクビクしているという人もいるのではないでしょうか。

闇カジノ摘発といったニュースは少なくないので、そろそろネットベットの利用もやめた方が良いのではと思っている人もいるかもしれません。

そこで、ここではネットベットを利用するのは違法なのか、プレイした人が逮捕される可能性はあるのかについて調べた結果をご報告します。

日本におけるオンラインカジノでのプレイの違法性はグレーゾーン

ネットベットが違法なのかどうかを見る前に、まず日本でオンラインカジノをプレイすることが違法に当たるかどうかを知る必要があります。

結論から言うと、日本にいるプレイヤーが海外にあるオンラインカジノを利用することについて違法性はありませんが、合法とも言い切れません。

ネットベットを含むオンラインカジノの利用は、日本の法律で合法とも違法とも言えないグレーゾーンにあたるということです。

なぜ、違法なのか合法なのかはっきり言い切れないのかというと、日本の賭博法では賭場を運営する胴元と客の両方を検挙しなければならないからで、海外を拠点とするオンラインカジノを胴元として検挙することはできず、したがって客である日本在住のプレイヤーも検挙できないことになります。

ただし、これまでに海外のオンラインカジノを利用していたプレイヤーの違法性が問題視されなかったというわけではなく、2016年には賭博容疑で検挙されたプレイヤーもいます。

この事件で検挙されたプレイヤーは、自宅から海外のオンラインカジノを利用していましたが、家宅捜索を受けて検挙され、一人を除いては略式起訴を受け入れた後に罰金を支払いました。

残る一人は略式起訴を拒否、裁判で争うという選択をしましたが、結果として検察が起訴を見送ったため不起訴処分になりました。

最終的にオンラインカジノを利用したことについては一切の罪に問われなかったということになりますが、これは客と胴元を一緒に検挙しなければならないという賭博罪のルールに従わず、客だけを検挙した警察による軽率な行動とも言われています。

逆にオンラインカジノを利用するプレイヤーにとっては、海外にあるオンラインカジノを日本でプレイしても罪に問われないという前例を作った事件とも言えるでしょう。

とはいえ、今度も絶対に検挙されないと言い切れないのも事実で、ネットベットについてもそれは同じです。

利用するかどうかは自分次第、最後に決めるのは自分であるということを忘れないようにしましょう。

ネットベットの違法性を徹底的に検証

オンラインカジノの利用がグレーゾーンに当たることは確かですが、それは海外で正規のライセンスを取得し、海外に拠点を置くオンラインカジノであることが大前提です。

ネットベットカジノが安心して利用できるかどうかは、少なくともグレーゾーンに当たるとみなされる前提を確認しておく必要があるでしょう。

・ネットベットカジノの運営企業はどこにある?

ネットベットの運営企業はNetBet Enterprises Ltdで、会社の所在地はマルタ共和国です。

マルタ共和国はランドカジノもある国で、合法的にカジノを営業できる国であることは間違いありません。

海外に営業の拠点があることから、日本でプレイしても問題のないオンラインカジノという条件のうち一つを満たしていることが確認できます。

・ネットベットカジノの営業ライセンス発行機関は?

海外に拠点を置くオンラインカジノでも、正規のライセンスを取得していなければ違法カジノになります。

では、ネットベットはどうなのかというと日本向けとして取得しているライセンスは、オンラインカジノ業界トップとも言われるマルタライセンスです。

マルタ共和国のライセンスは、取得にあたって厳しい条件を設けていることでも知られており、ライセンス取得後も規定に沿った運営が行われているかチェックされます。

また、ライセンスは一度取得すれば永久に有効というわけではなく更新が必要で、更新の際にも厳格な審査が行われるので、問題があるとみなされればライセンスを取り消されることもあります。

ネットベットカジノでは、これ以外にもイギリス国内での営業を行うために「イギリスギャンブリングコミッション」が発行するライセンスも取得しており、ダブルライセンスで営業しているオンラインカジノです。

イギリスギャンブリングコミッションは、イギリス政府が管轄する機関なので信頼性について問題なし、マルタライセンス同様に安心できるライセンスであることは確実です。

・第三者機関による監査は受けている?

ライセンス取得後も公正な運営が行われているかを監査するために第三者機関による監査を受けるかどうかは、オンラインカジノによって異なります。

第三者機関による監査は義務ではないので、受けていないから不正を行っているとは言えませんが、利用者としては受けているオンラインカジノの方が安心なのは間違いないでしょう。

ネットベットはイギリスの民間団体「GAMCARE」による監査を受けています。

GAMCAREはギャンブル依存症対策に力を入れている団体で、日本人プレイヤーに人気のベラジョンカジノもGAMCAREと連携しており、プレイヤーのサポートに熱心なオンラインカジノの多くがGAMCAREを監査機関として選んでいるようです。

・日本人に特化したサービスを行っている?

日本人だけが利用できるサービスばかりというオンラインカジノの場合、海外に拠点があり、ライセンスをきちんと取得していても警察に目をつけられやすいと言われています。

ネットベットは日本人向けの日本語サポートや日本限定のボーナスなどを配布しているので、大丈夫なのかと思う人もいるかもしれませんが、プレイヤーの居住国に合わせたサービスを行うオンラインカジノは珍しくありません。

確かに日本人が使いやすいオンラインカジノではありますが、他の国向けにも居住地域を限定したサービスを行っているので、特に問題はないと考えて良いでしょう。

ネットベットに違法性はないものの、100%安全ではない

日本の法律でネットベットを違法とできないこと、ネットベットの運営自体にも問題がないことはわかりましたが、それでも100%安心して利用できるとは限りません。

違法性がないから合法というわけではないことをしっかり理解しておいてください。

どの法律をどのように解釈するかで、違法とされることもあるのが現実です。

ネットベットカジノが安全性の高いオンラインカジノであったとしても、プレイヤー自身が気をつけなければならいないこともあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *