ネットベットカジノの入金方法を知る。ヴィーナスポイントによる入金。

ヴィーナスポイントは手軽に使える電子決済サービスとしてエコペイズやアイウォレットと同じく、オンラインカジノで採用されています。

ただし、電子決済サービスとはいうものの、エコペイズなどとは全く違った特徴を持っているのでネットベットへの入金の際にも気をつけなければならないポイントがいくつかあります。

使いやすいサービス、スペックの高いサービスではありますが、ヴィーナスポイントならではの特徴を知らずにネットベットへの入金手段として選ぶと戸惑うこともあるかもしれません。

ここでは、ヴィーナスポイントを使ってネットベットに入金する方法、入金にあたってどんな点に気をつけなければならないのかについてご説明します。

ネットベットカジノでプレイ” rel=”nofollow” fontawesome=”” target=”_blank” color=”#fff” bgcolor=”#e53935″ bgcolor_top=”#f44336″ bordercolor=”#e57373″ borderwidth=”1″ borderradius=”5″ fontsize=”bold” fontweight=”bold” width=”” fontawesome_after=”fa-angle-right” shadow=”#c62828″ ref=”on”]

ヴィーナスポイントへの入金はどうする?

ヴィーナスポイントを使う時に、まず覚えておかなければならないのは「アカウントに直接入金できない」ということです。

これは、ネットベットに入金しようとした時にヴィーナスポイントの残高が不足していても、簡単に残高を増やすことができないという意味でもあります。

ヴィーナスポイントに入金するには、ネットベットや他のオンラインカジノからヴィーナスポイントに出金するというひと手間が必要になるので、ヴィーナスポイントのアカウントを作ったからといってネットベットにすぐ入金することはできません。

ネットベットへの入金手段にヴィーナスポイントを使いたい場合には、最初にクレジットカードなどでネットベットに入金し、勝利金をヴィーナスポイントに出金しなければなりません。

一度、勝利金を出金すれば、それを入金用のポイントとして利用することはできます。

ヴィーナスポイントの場合、こうした手間が最初にかかるのですぐに入金したい、リアルマネーでプレイしたいという人にはおすすめできない入金手段といえるかもしれません。

ヴィーナスポイントからネットベットへの入金限度額

最低入金額:10ドル
最高入金額:1万ドル
入金手数料:無料
反映時間:即時

ヴィーナスポイントは1回10ドルという少額から、1万ドルという高額入金まで対応しています。

少しずつ入金できれば、使いすぎを防ぐこともできますし、逆にまとめて入金して大きな勝負に出ることもできます。

何回かに分けて入金しても入金手数料がかからないのがネットベットにヴィーナスポイントで入金するメリットでもあるので、自分のプレイスタイルに合わせて入金額を設定しましょう。

基本的に入金手続きが完了すれば、すぐにアカウントに残高として反映されます。

もし、ヴィーナスポイントの残高が減っているのにネットベットに反映されていない時は、サポートに問い合わせてください。

ネットベットへの具体的な入金手順

ヴィーナスポイントは電子決済サービスとしては特殊で、アカウント内のお金をポイントとして管理しています。

ただし、ネットベットへの入金の際にはユーロやドルとして入金することができるので心配しなくても大丈夫です。

他の電子決済サービスやクレジットカードでオンラインカジノに入金したことがあれば、その際の手続きとほとんど同じと考えても良いですし、初めて入金手続きをするという人でも事前に手順を確認しておけば、実際に入金する時に困ることはありません。

【ヴィーナスポイントでの入金手順】

  1. ネットベットの公式サイトにアクセスしてログイン
  2. トップページ右上にある「$」マークをクリック
  3. 開いたページ内で入金方法としてヴィーナスポイントを選択
  4. ヴィーナスポイントのID、パスワードを入力
  5. 入金希望額を入力、あるいは規定の金額を選択
  6. 「入金を確定する」ボタンをクリック

以上で、ヴィーナスポイントからネットベットへの入金は完了です。

ヴィーナスポイントでネットベットに入金する際の注意点

最初にヴィーナスポイントのアカウントに入金する方法を説明した通り、ヴィーナスポイントのアカウントに残高がない場合は、ネットベットや他のオンラインカジノなどのサービスから出金する以外、残高を増やす方法がありません。

他の電子決済サービスであればビットコインで入金したり、銀行送金したりといった入金手段がありますが、ヴィーナスポイントにはそうした選択肢がありません。

電子決済サービスとしてヴィーナスポイントが使いづらいと言われるのは、アカウントへの直接入金ができないという弱点があるからですが、それを理解したうえで使うのであれば決してデメリットばかりのサービスではありません。

アカウント内でポイントとしてお金を管理することによって、格安の手数料で送金が可能になっていますし、本人確認書類の提出などの手間もかけずに利用できます。

また、利用のたびにポイントバックを受けられて、そのポイントバック分で換金手数料や送金手数料がカバーできるというメリットもあります。

使いづらい点、メリットになる点をしっかり理解し、ヴィーナスポイントでネットベットに入金するか、それとも他の方法で入金するかを決めましょう。