ネットベットでプレイできるおすすめルーレット徹底解説!

ネットベットカジノではEvolution Gaming社のルーレットを始めとした、クオリティの高いルーレットが揃っており、0.1ドルから遊ぶこともできます。

ライブカジノの雰囲気を味わいながらプレイできるライブルーレット、マイペースで楽しめるテーブルルーレットなど気分に合わせて選べるのもネットベットのルーレットの魅力です。

ここでは、ネットベットでプレイできるルーレットとルーレットで効果を発揮する攻略法についてお伝えします。

ネットベットカジノでプレイ” rel=”nofollow” fontawesome=”” target=”_blank” color=”#fff” bgcolor=”#e53935″ bgcolor_top=”#f44336″ bordercolor=”#e57373″ borderwidth=”1″ borderradius=”5″ fontsize=”bold” fontweight=”bold” width=”” fontawesome_after=”fa-angle-right” shadow=”#c62828″ ref=”on”]

ネットベットでプレイできるライブルーレット

ネットベットのライブルーレットで最も人気なのが「Lightning Roulette(ライトニングルーレット)」です。

名前からわかる人もいるかもしれませんが、これはライトニングシリーズと呼ばれるEvolutionGaming社のゲームの一つで、派手な演出が売りとなっています。

ルールはごく普通のルーレットですが、ストレートアップで最大500倍の配当を狙うことができる爆発力のあるルーレットです。

ホイールは1~37の数字で構成されるヨーロピアンタイプで、ベット後に「ライトニングラウンド」で1個~5個のラッキーナンバーを選び、選ばれた数字のストレートアップの配当が最高で500倍になります。

通常であればストレートアップの配当は36倍ですが、ライトニングルーレットでは30倍と配当が下がる点に注意が必要です。

ベットリミットは0.2ドル~1万ドルなので初心者が遊ぶのにも最適、ハイローラーの大勝負にも使えるルーレットで、ネットベットのライブルーレットの中では特に人気があります。

この他にも、ネットベットでは多くのランドカジノと提携し、様々なライブルーレットがプレイできるようになっています。

ネットベットでおすすめのテーブルルーレット

 

ディーラーがいるルーレットは臨場感があって、本場のカジノの雰囲気を味わいたい人にはピッタリですが、カジノ慣れしていない人やゲームに集中したい人にはテーブルゲームの方が向いているかもしれません。

ネットベットではテーブルゲームのルーレットも用意されているので、自分のタイミングでスピンでき、攻略法を試しながらプレイしたい時にも最適です。

様々なソフトウェア会社のテーブルルーレットがプレイできますが、ネットベットでしかプレイできない「iSoftBet」の「European Roulette」は、リアルなカジノを彷彿させるサウンドや演出などが人気で、臨場感は味わいたいけれど自分のペースでプレイしたいという人にもおすすめです。

この他にも、ネットベットではジャックポット付きのルーレット、宝くじをルーレット風にアレンジしたものなど、少し変わったルーレットも揃っています。

ルールがわからなくてもプレイできるのがルーレットの良いところなので、何時もプレイしているゲームの気分転換、ちょっとだけ時間が空いた時など、色々なルーレットを試してみてはいかがでしょうか。

やボーナススピンがもらえるルーレットなど、一攫千金を狙えるテーブルが揃っているので、ぜひチェックしてみてください。

ルーレットで使用できる攻略法3選

オンラインカジノでプレイできる他のゲーム同様、ルーレットでも攻略法を使うことで勝率を上げることができます。

どの効率法を使えば良いかは、ゲームの流れによっても変わってきますがここで紹介する方法は初めて攻略法を使う人でも覚えやすく、実践しやすい方法です。

それぞれのメリットとデメリットもあわせて紹介してあるので、使い方と合わせて確認しておいてください。

【ベアビック法】

35個の数字に1単位ずつベットし、トータルで1単位分の利益を狙うのがベアビック法です。

やり方は簡単で、ヨーロピアンルーレットの場合はベットしない数字を2つ、アメリカンルーレットならベットしない数字を3つ決め、それ以外の数字に1単位ずつストレートベットするだけです。

ヨーロピアンルーレットの場合、勝てる確率は94.59%となります。

メリット

勝率が高く負けることががほとんどない

デメリット

1度外すと負けを取り戻すのが難しい

見込み利益と損失の比率が1:35となるため、負けると一気に損失が膨らむという点に注意が必要です。

【666戦略】

「赤黒ベット」、「スプリットベット」、「ストレートベット」を組み合わせ、33個の数字に賭ける必勝法で勝てる確率は89.19%です。

やり方は赤黒ベットの赤に36ユニット、黒の数字が並ぶ6カ所に4ユニットずつスプリットベット、チップのない黒の数字3カ所に2ユニットずつストレートベットと賭けていきます。

メリット

ベアビック法に次ぐ勝率の高さ

デメリット

1回負けると66単位の損失

そうそう連敗することはないとも考えられますが、見込み利益と損失の比率が1:11であることを考えると使いどころの見極めが重要と言えそうです。

【マーチンゲール法】

必勝法、攻略法として最も知られているのがマーチンゲール法で、いくら負けていても1回勝てば損失を取り戻せることから、理論上では「必勝法」と言えます。

やり方は、負けたら次は倍額を賭けるだけで、ルーレットの場合は赤黒ベットや奇数、偶数ベット、ハイローベットなどの配当2倍の賭け方で使うことができます。

メリット

何回負けていても1回勝てば損失を取り戻せて利益が出る

デメリット

負けが続くと損失が一気に大きくなる
資金に余裕がないと必勝法を続けられない
テーブルリミットに引っかかって断念せざるを得なくなる

マーチンゲール法は負けると倍賭けし続けることになるので、すぐに数百ドル、数千ドルを賭けることにもなりかねません。

理論上は負けなしとはいえ、それだけの資金がある人も少ないでしょうし、テーブルリミットが低ければ途中で止めなければいけなくなります。

マーチンゲール法を使う場合は、テーブルリミットの確認が必須、何回までなら負けても良いか、いくら負けたら引き上げるかなどのルールを決めておくことも大事です。