ネットベットカジノの出金方法を知る。利用可能な決済手段。

ネットベットでゲームに勝った時、アカウントの残高がいくら増えたとしても勝利を実感できない、できるだけ早くキャッシュとして手元に欲しいと思う人がいるのは当然でしょう。

現金にするまでに時間がかかる、出金の申請が面倒となるとネットベットでプレイするのも嫌になりそうですが、ネットベットからの出金は簡単な手続きのみなので安心してください。

ここでは、ネットベットから出金する際に利用可能な決済手段、出金申請の際の注意点についてご説明しています。

ネットベットカジノでプレイ” rel=”nofollow” fontawesome=”” target=”_blank” color=”#fff” bgcolor=”#e53935″ bgcolor_top=”#f44336″ bordercolor=”#e57373″ borderwidth=”1″ borderradius=”5″ fontsize=”bold” fontweight=”bold” width=”” fontawesome_after=”fa-angle-right” shadow=”#c62828″ ref=”on”]

ネットベットからの出金は他のオンラインカジノよりも超簡単

ネットベットを選んだ理由は、出金方法が柔軟だからというプレイヤーがいるほど、他のオンラインカジノに比べるとネットベットからの出金は簡単です。

というのも、通常であれば入金に使った手段と出金に使う手段は統一しなければならないというルールがあるところを、ネットベットであれば入出金の手段を統一する必要がなく、自由に出金方法を選べるからです。

例えばアイウォレットで入金して、エコペイズに出金するといったことがネットベットであれば可能になるため、新しい出金方法を導入した時に資金移動が簡単にできるようになります。

これまでアイウォレットを使っていたけれど、今後はエコペイズに移行するという時に一度アイウォレットに出金したものをエコペイズに移動という手間なしに動かせるということです。

その分の手数料も手間も大幅にカットできることになるので、この方法が使えるということはプレイヤーにとってメリットしかありません。

他のオンラインカジノでこの方式を導入しているところはないので、これだけでもネットベットを選ぶ理由になるのは納得です。

また、ネットベットでは事前に連絡が必要ではあるものの、実質的に出金額に制限はありません。

つまり、自分が出金したいと思ったら1万ドル、10万ドル、100万ドルといった超高額出金も可能ということです。

いつか億越えのジャックポット当選という夢が叶った時にも、全額を一度に手にすることができます。

出金額に上限がない、入出金方法が同一でなくても出金可能というのはネットベット独自のルールなので、今後どのように変わるかはわかりません。

今のところ、プレイヤーにとってメリットの大きいルールが適用されていることは確かですが、永久に続くわけではないのでルール変更についてはしっかりとチェックしておいてください。

ネットベットの出金手順

ネットベットで利用できる出金方法はエコペイズ、アイウォレット、ヴィーナスポイントですが、どの方法で出金しても手順は簡単です。

  1. ネットベットの公式サイトにアクセスしログイン
  2. トップページで「氏名」をクリック
  3. 表示されたページで「引き出し」ボタンをクリック
  4. 出金に利用する手段を選択
  5. 出金先のアカウント情報を入力
  6. 出金希望額を入力
  7. 「引出し」ボタンをクリック

以上で、ネットベットからの出金手続きは完了です。

手順5ではエコペイズ、アイウォレット、ヴィーナスポイントそれぞれのアカウント番号とログイン時に必要なパスワードを入力します。

もし、この時に間違ったアカウントを入力してしまい、第三者のアカウントに送金されたとしてもネットベットからの保障はありませんし、送金したお金を取り戻すためのサポートを受けることもできません。

アカウントIDやパスワードは1回ずつ手入力するのではなく、パソコンやスマホにメモとして残しておき、コピペして入力するのがおすすめです。

出金申請が完了すれば、遅くとも2営業日以内に着金します。

申請前に知っておくべきネットベットの出金条件とは

ネットベットの出金方法は柔軟性が高く、難しい条件が付かないので出金は簡単にできますが、それでも不正を防ぐための最低限のルールは適用されます。

出金申請したのに着金しない、出金申請が取り消されたと慌てることのないよう、申請前にはきちんと出金条件を確認しておいてください。

ネットベットの出金条件1 「ヴィーナスポイントへの出金には入金実績が必要」

入金に使った方法と出金に使う方法が別々でも出金できるのがネットベットの売りではありますが、ヴィーナスポイントを出金先にする時に限っては入金実績が必要になります。

これは、クレジットカードで入金し、電子決済サービスに出金する時も同様でヴィーナスポイントだけは最低でも1回の入金実績がなければ出金できません。

ただし、エコペイズ、アイウォレットを出金先とする場合は、クレジットカード入金であっても電子決済サービスからの入金実績は不要です。

ネットベットの出金条件2 「入金額の20%以上の賭けが必要」

基本的に、どこのオンラインカジノであっても入金額と同額以上の賭けを行う必要がありますが、ネットベットの場合は最低20%以上の賭けを行えば出金は可能になります。

普通は100ドルを入金したら100ドル以上の賭けが必要ですが、ネットベットなら20ドル賭けるだけで良いということになるので、出金条件は少し緩いと言えますが、これにプラスして次に挙げる条件も付いてくるので注意が必要です。

ネットベットの出金条件3 「入金額と同額上の勝利金」

最低でも入金額の20%を賭けるという条件にプラスして、入金額と同額以上の勝利金でなければ出金できないという条件が付くのがネットベットの特徴です。

つまり、100ドルを入金して20ドルを賭ければ出金条件の一つはクリアできますが、100ドルの勝利金を獲得するという別の出金条件が残っていることになります。

ただし、出金条件の2と3をクリアしていなくても10%の手数料を支払えば出金は可能です。

出金条件も出金方法も色々と柔軟に対応してもらえるのがネットベットの良いところで、このおかげでハイローラーと呼ばれる人たちに選ばれているのかもしれません。