マカオ居民の2019年1人当たりの平均総収入は約761万円!前年より3%減

3 min 5 views

マカオ政府統計調査局は2020年12月28日、2019年のマカオ居民(マカオ居民IDカード保有者)の総収入に関する統計を公表しました

前年度よりも3%減となっており、マカオ特別行政区の域内総生産(GDP)と比較すると510.6億マカオパタカ(約6643億円)少ない結果となりました。

マカオ居民の2019年1人当たりの平均総収入について、詳しく解説していきます。

マカオ居民の2019年1人当たりの平均総収入

2019年のマカオ居民総収入は、価格変動からの影響を除いた実質で、対前年1.0%減の3940.6億マカオパタカとなりました。
2.6%減となったマカオ特別行政区の域内総生産と比べると、510.6億マカオパタカ(約6643億円)少なかい数字となりました。

2019年のマカオ居民1人あたりの平均総収入は、3.0%減の58万5096マカオパタカ(約761.0万円)となりました。
居民1人あたりのGDPは、4.5%減の66万0903マカオパタカ(約859.8万円)となりました。

マカオ居民の総収入がGDPより少なくなった理由は、外資系企業及び海外投資家がマカオで得た収入の流出がマカオ居民が海外で得た収入の流入を上回っていることと言われています。

マカオ特別行政区の人口は、約68万人です。
面積は東京の山手線の内側の半分程度の約32平方キロであり、とても小さな経済体です。

この小さな経済体の中に、大型IRなど約40軒のカジノ施設が建ち並んでいます。
年間カジノ売上は、世界最大規模を誇るすごさです。

コロナ禍の影響となった2020年は、年初めから経済低迷が続きました。
そのため、GDPも対前年大幅減で推移しました。

現在はソーシャルディスタンスにより、入場制限をしています。
計画通りの人数を収容することができなく、収入面で大打撃を受けています。
新型コロナウイルスの影響が治まらない限り、この影響は続くといえるでしょう。

マカオならではの平均総収入の高さ

マカオの平均総収入の高さは、日本が憧れる大きな収入といえます。
しかし、これがあくまで世界1位のマカオでの数字であり、日本ではあまり参考にならない数字といえます。

もちろん、カジノ誘致により多くの収益を臨むことはできます。
日本のカジノ誘致に対する資産は、少しオーバーに計算しているのではないかとも言われています。

また、今年の新型コロナウイルスの影響により、マカオのカジノ事業も大きな打撃を受けています。
しかし、マカオというカジノ国の安定感により、収入は少なくなっても安泰な状態ではあります。
新型コロナウイルスは終息する見込みが未だに無く、現在計画している日本のIR事業には、新型コロナウイルスの影響も踏まえて考慮する必要があるといえます。

海外のカジノではどのように収益を上げているのか

日本にカジノが出来た場合、どのような収益を上げることができるのでしょうか。
未だカジノ未経験である日本では、マカオのカジノのようなすごい収益は期待できません。

海外のカジノではどのような収益を上げているのか、以下にご紹介致します。

ラスベガス

カジノといえばラスベガスのイメージがあったほど印象深いラスベガスでは、現在はIR全体の収益の中でのカジノの割合は縮小となっています。
その代わり、飲食やショー、イベント、宿泊などが収益の半分以上となっています。
カジノだけではなくテーマパーク型のホテルや人気アーティストの大型イベントを誘致したことで、世界中から観光客を招くことができています。

マカオ

マカオは、カジノに特化したモデルのIRとなっています。
カジノの収益は、IR全体の7割となっています。
その中で7割近い収益は、VIP客向けの高額カジノが占めています。
高額カジノの利用者の大半は、中国をはじめとするアジアの富裕層となっています。
中国をはじめとした富裕層は、一晩で数百万円を使うごく一部のVIP客に依存しているモデルとなっているので、収益的にリスクが大きい状態といえます。

シンガポール

シンガポールは、ラスベガスとマカオの中間といった感じです。
IR収益の約半分がカジノでの収益となっており、カジノによる収益が大きくなりすぎないように規制されて管理されています。
これまで、観光客の誘致に成功しており、順調に収益を拡大させている傾向です。
中国人の富裕層が収益面で大きな影響となっており、その点ではマカオと同じといえます。

期待される経済効果をまともに期待してはいけない

カジノが生み出す経済効果は、とても大きいと言われています。
年間2兆円や5兆円とも言われており、現在日本が試算している利益が1兆円ほどです。
もちろん前後はありますが、大きな経済効果を期待できることは間違いないといえます。

しかし、今年発生した新型コロナウイルスのような大きな影響が訪れてしまうと、途端に得られる利益は減少してしまいます。
今後世界的に、様々な弊害が生まれることを踏まえて、カジノの収益は考えていかないといけないといえます。

関連記事

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *