マカオカジノ関連事業大手サンシティグループ日本展開|宮古島とニセコでリゾート開発!

3 min 11 views

2021年1月5日、マカオなどでカジノの関連事業を展開しているサンシティグループは、2021年の展望の発表の中でいくつかの日本関連トピックを発表しました。

日本のIR参入にも名乗りを挙げたことで知られており、和歌山のIR参入に手を挙げていました。

日本でどのような活動展開を行っていくのか、マカオカジノ関連事業大手のサンシティグループについて様々な角度から解説していきます。

マカオカジノ大手サンシティグループ日本展開|宮古島とニセコでリゾート開発!

マカオなどでカジノ関連事業を展開しているサンシティグループは、2021年1月5日に22021年の展望を発表しました。
その中で、日本関連トピックが複数含まれていました。

2021年の日本の展望の内容は、2021年内に沖縄の宮古島と北海道のニセコにてリゾート開発計画をスタートさせるとのことです。

沖縄の宮古島リゾートは、東洋一の美しさで有名である与那覇前浜ビーチに位置する計画であり、客室数100室のホテルに加えて40棟のプライベートプール付きヴィラの構成のリゾート感たっぷりの施設を計画しています。
各種ビーチアクティビティも堪能できる施設になるということで、これまで日本にはないリゾート施設を目指しており、完成予定は2023年です。

ニセコのリゾートは、敷地面積約20ヘクタールと広大な広さであり、自然環境と調和した北海道らしい各種レジャー施設の建設計画が予定となっています。
2021年に青写真をまとめる作業を進め、スタートしていく予定です。

ロシアのIR施設の運営会社単一大株主にもなった

2020年にサンシティグループは、ロシアのウラジオストックのIR施設である「ティグレ・デ・クリスタル」の運営会社の単一大株主にもなりました。

第1フェーズでもロシア最大のIR施設ですが、2021年に第2フェーズの拡張工事に着手する予定となっており、現在の2倍物エンターテインメント施設の数とし、ホテルの客室数を3倍にするとしています。2022年後半にプレオープンの予定となっており、2023年にグランドオープンを目指しています。

ロシアという日本や韓国との往来が便利な場所にあるIRであり、ロシア国内市場に加えて将来は日本や韓国を集客目標にする考えを示しています。

2020年は新型コロナウイルス感染症の影響により、マカオのカジノは低迷を余儀なくされました。
しかし、サンシティグループのアルヴィン・チャウCEO兼ダイレクターは、2020年という最も難儀な1年が過ぎ去って、新形コロナウイルス感染症のワクチンも出現してきている中、世界経済の回復が期待されるとしており、2021年は発展の年となるとコメントしています。

サンシティグループが日本のIR参入を目指している「和歌山」

サンシティグループは日本のIR参入にも名乗りを挙げており、和歌山県のマリーナシティに手を挙げています。

昔から和歌山はカジノ誘致に積極的な自治体であり、2004年からカジノ誘致に取り組んできました。
近くには最有力候補と言われている大阪もあり、都市規模や期待できる経済効果を踏まえると陰に隠れてしまいがちです。
和歌山の他の候補地にはない強みといえば、近隣にIRが2つあることです。
大阪と愛知に挟まれており、2つに挟まれた相乗効果を狙っていく方針を掲げています。
2つのIRが近くにあることでのメリットといえば、シンガポールに前例があります。
そのため、IR参入業者の中でも有力候補と考えられえています。

和歌山IRは、39億(日本円で約4,138億円)から45億米ドル規模の予算となる予定です。
2,600室の客室とヴィラ、レストランやスカイラウンジ、温泉・スパ、広大なの広さの展示スペース、屋内スポーツ施設、近隣の沿岸の町や観光地へのボートツアーなどを提供する、大規模なIR施設となる予定です。

サンシティグループは、競合他社とは異なり日本を世界に見せることを重視しています。
和歌山県の美しく広大な特徴を焦点に充てて、今までのIRのモデルとは違う地域の歴史的伝統や自然の景観など、様々な利点を統合した世界初のIR2.0の構築を予定しています。

サンシティグループは和歌山に新事務所を構える

2020年9月、サンシティグループホールディングスジャパンは、和歌山県に新事務所を解説することを明らかにしました。

新しく設置となった和歌山事務所は、354㎡の広さです。
和歌山の活性化につながる様々な活動を実施することに力を入れて、サンシティ和歌山IR2.0のコンセプトを具体化します。

和歌山に新しく設立された事務所は、サンシティジャパンチームの拠点の役割を発揮するほかに、一般開放されるカフェやコミュニティイベントスペースを提供します。
地元住民にとってリソースの役割も果たすことが可能となり、有意義な事務所とします。

事務所の訪問者は、和歌山IR2.0が理解できるように作成されたコンセプト紹介のビデオや、縮尺模型を見て確かめることができます。

関連記事

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *