ザ・リッツ・クラブからハードロック・インターナショナルがロンドンのカジノライセンス取得!

3 min 2 views

ハードロック・インターナショナルが、ロンドンまでもリーチを広げています。
ハードロック・インターナショナルが、ロンドンのザ・リッツ・クラブからカジノの設置場所に関したライセンスを取得したことを発表しました。

ザ・リッツ・クラブは新型コロナウイルス感染症の影響により制限を受け、2020年3月に1回目の休業をし、6月に今後営業の再開の予定がないと述べていました。

どのようなニュースなのか、以下に詳しくご紹介していきます。

ザ・リッツ・クラブからハードロック・インターナショナルがロンドンカジノライセンス取得!

ロンドンのザ・リッツ・クラブから、ハードロック・インターナショナルがロンドンカジノライセンス取得したことを発表しました。

最近、新たな世界のゲーミングポートフォリオを追加したことを明かし、ハードロック・インターナショナルは新たなカジノ場所をロンドンで探しており、設置予定と述べました。
ザ・リッツ・クラブは新型コロナウイルス感染症の影響を受けた関係により、2020年3月に1回目の休業をし、6月には今後営業の再開の予定はないと述べていました。

ハードロック・インターナショナルは、日本のIRライセンスの取得を目指している数少ないアメリカカジノ業者の1社です。
以前は北海道のIRライセンスに力を集中させていましたが、2019年11月に北海道がIRレースより撤退しました。
しかし、その後も他の日本の候補地への可能性を排除せず、日本のIRライセンスの獲得を目指しているようです。

ロンドンのカジノはヨーロッパのカジノ中で有名!

ヨーロッパのカジノといえば、モナコを思い浮かべる方もいると思います。
実は案外そうでもなく、イギリスのロンドンは旅行や海外留学によりカジノが発展しているヨーロッパの都市です。

イギリスのロンドンはカジノの歴史が大変深く、店頭と格式を重んじる国であるロンドンのカジノは、もともと会員生徒なっていました。
そのため、認められた人のみが会員になり楽しめるカジノしかありませんでした。

しかし、最近は観光客でも楽しむことができる登録が簡単な不要なカジノがロンドンにも多くあります。
登録といっても、24時間以内に申請することで利用ができる、誰でも入場可能な流れとなっています。
申請となると審査が気になると思いますが、審査が厳しくて通ることができないなんてことはありません。
イギリスに入国する前に申請が出来るカジノもありますので、事前に調べて手続きをしておくと良いでしょう。

ロンドンのカジノは、ドレスコードはうるさくないカジノも多くあります。
カジュアルな恰好でも可能であり、ジーンズやTシャツでもOKです。
観光した格好そのままで入場できるカジノもありますので、気軽にカジノを堪能することができます。

日本からロンドンへの入国は可能?

20201年1月25日現在、イギリスでは全世界からの入国に制限をかけています。
新型コロナウイルス感染症の拡大後、イギリスは日本からの入国制限を解除としていましたが、現在は新規入国を停止しています。

イングランド全体でロックダウンをしており、2021年2月中旬までの予定となっています。
入国制限が厳しい中、これまでは日本の入国を許可しており検閲免除の国のリストに日本を挙げていました。
そのため、ロックダウンが終わった後は、日本への渡航制限を引き下げる日が早く来る恐れがあります。

現在、入国時のPCR検査の陰性証明が出来る場合、入国の際にはPCR検査を受ける必要はありません。
これはイングランド空港のみの規制であり、イギリスのその他の空港から入国する場合は、別の入国制限や上限があります。

また、イギリスへの入国の際には、入国専用フォームに滞在情報を登録しないといけません。
登録制限はイギリス到着前の48時間以内であり、様々な記入内容があります。
個人情報や渡航の目的など簡単なものばかりなので、難しくありません。
登録しない場合、日本円で約13,700円の罰金が取られ、最悪の場合は入国が出来ない場合もあります。
イギリスのとある空港には「登録を済ませないと入国できません」という貼り紙が貼っており、入国前のエリアで慌てて登録する方もいるようです。
入国審査の際には、専用フォームの入力事項の提示を求められるので、スマートフォンで画面を見せるようにしておく事が絶対必要となります。
スマートフォンをお持ちではない場合は、専用フォームをプリントアウトした紙の提出でも入国が可能です。
しかし、現在は新型コロナウイルス感染症の影響でロックダウン中なので、ロックダウン後でも制限が多い可能性が考えられます。
そのため、スマートフォンが無い方の入国は厳しくなるとも言われていますので、注意しましょう。

ここまでの流れで目立ったことがない場合、質問されることなく検温もなく入国が可能となります。
入国まで色々やることが多い国と思われがちですが、全て揃っていれば短時間の審査で簡単に入国ができます。

関連記事

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *