韓国アイドル「SUPERNOVA」海外遠征でバカラ賭博!その他俳優も摘発

3 min 10 views

韓国のアイドル「SUPERNOVA」のメンバーが、海外遠征でバカラ賭博で摘発されました。
また、「SUPERNOVA」がかかわったオンライン違法賭博に対し、操作が拡大して約100人も摘発された事態となりました。
摘発された100人の中には、韓国俳優も含まれているということです。

韓国のアイドル「SUPERNOVA」や摘発された100人の摘発内容について、様々な観点から解説していきます。

韓国のアイドル「SUPERNOVA」のメンバー2人が賭博の疑いで逮捕

2020年9月、韓国のアイドル「SUPERNOVA」のメンバー2人が、賭博の疑いで逮捕されました。
この韓国のアイドル「SUPERNOVA」のメンバー2人は、2016年から2018年の間にフィリピンで賭け金約700万ウォン~約5,000万ウォンを賭けて、バカラ賭博に2回参加した疑いとなっています。
このうち1人のメンバーは、賭博場運営始組織が韓国で運営しているオンラインカジノを利用した疑いもあると言われています。
さらに、操作を進めていき他に100人摘発となり、その中には韓国俳優もいたという事です。

韓国人は賭博をしてはいけないのか

韓国にはカジノがありますので、賭博は違反ではありません。
しかし、許可されていない違法の賭博に関しては、違反となります。

今回、韓国のアイドル「SUPERNOVA」が行った賭博は、違法賭博なので処罰の対象となります。

韓国のアイドル「SUPERNOVA」の2人は、フィリピンで賭博をしたことで逮捕となりました。
韓国では日本とは違い、海外で賭博をすることは禁止となっており、常習化した場合違法の対象となります。
つまり、一時的に海外で賭博をした程度なら罰せられませんが、常習していると罪になります。
この2人は海外で数回賭博をしたということなので、違法を行ったということになります。

また、韓国人が海外旅行で使える費用は決められており、1回の海外旅行で日本円で100万円までとなっています。
2人はこの金額を超えて海外で賭博を行ったので、この部分も違法に引っかかります。

さらに、2人のうち1人は賭博場運営始組織が韓国で運営しているオンラインカジノを利用した疑いで、もう1つの違法となりました。
オンラインカジノ自体は韓国では違法ではありませんが、賭博場運営始組織が韓国で運営しているオンラインカジノは場所に費用が発生しているので違法となります。

韓国でよく見かける賭博といえば、花札の賭博です。
TV番組でも見かけることがありますが、ほとんどの場合賭け金が少ないので違法にはなりません。
しかし、ついつい熱くなってしまい賭け金が多くなってくると、違反になる場合があります。
韓国での賭博の違法の考え方は、賭け金の金額により決定されるからです。
例えば、100ウォンで数回賭けて遊ぶ程度であれば金額は膨らみませんが、1万ウォンの賭けを1万回行ってしまうと億の金額となってしまいます。
金額が大きくなりすぎてしまうと、違法となってしまいます。
花札で賭ける「ゴーストップ」という「ゴー!ゴー!」と言いながら賭ける花札がありますが、この場合1回の賭け金が300ウォンでも捕まったという例もあります。

韓国では賭博が増加している

韓国の違法賭博は、年々増えています。
2020年の違法スポーツ賭博は、昨年と比べ獲ると約280%超えの多さです。
今年は新型コロナウイルスの影響もあり、違法賭博が増えたともいわれています。

韓国人は花札にお掛けを賭ける遊びを小さい事からしていることから、賭博に対して興味を持つ傾向があります。
しかし、違法となってしまうと多くの罰金が課せられ、自分の名誉も失ってしまいます。

日本人が韓国でカジノに行くことは違法になるのか

日本人が韓国のカジノに行ってプレイすることは、違法ではありません。
日本人が日本で賭博を行うことは違反ですが、日本の法律では海外でのギャンブルに適用するものがないので、違反にはならないということになります。
国外犯規定が該当し、これは日本人が外国で犯した犯罪である国外犯に該当します。
海外で行ったことに対し、日本の法律に従う必要はありません。

しかし、法律が適用しないといっても、最低限のルールは守るべきといえます。
その理由は、日本人が海外で賭博を行った場合、海外の現地の法律と日本の国外犯規定に問われることがあるからです。
日本の賭博禁止のルールを韓国で破ってしまった場合、原則としては現地の国の法律に従う流れとなります。
韓国の場合は記載がないので、日本人の韓国での賭博に対し罰せられることはありません。
また、日本の法律に賭博罪は国外犯規定に記載がないので、国外犯規定にも適用しないということがわかります。
そのため、日本人が韓国で賭博を行っても罰則されるなどの問題はないといえます。

日本が海外でカジノを行うことには制限はないので、気の向くまま楽しむことができます。
規制はありませんが、常識ある範囲でプレイを行うことが望ましいです。

韓国は日本のお隣であり、気軽に行ける距離です。
コロナ禍が治まったら、カジノプレイヤーは韓国で楽しんでみるのも良いでしょう。

関連記事

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *