マカオのカジノ収益が2021年度も減少?その真相とは!

3 min 4 views

世界最大のカジノ王国である、マカオの景気の回復が遅れていると言われています。
新型コロナウイルスの影響によりカジノ界は大きな打撃を受けており、カジノ大国であるマカオも大打撃を受けています。

2020年も大きな影響を受けましたが、2021年も引き続き新型コロナウイルスの影響を大きく受けてしまうと言われています。

マカオのカジノ収益の減少について、様々な観点から解説していきます。

マカオのカジノ収益は2021年も大幅減少してしまう?

世界最大のカジノ王国マカオでは、カジノ収益が大きく減っています。
新型コロナウイルスの世界的流行の影響により、基幹産業であるカジノの低迷長期化が考えられることが理由といわれています。

マカオでは新型コロナウイルスの市中感染を防ぐことはでいましたが、マカオ以外からの訪問客は激減しました。

2021年のカジノ総収入は1,300億パカタで、日本円で約1兆7,000億円なるといわれています。
新型コロナウイルス流行前の2019年年のカジノの総収入は、約2,924億パカタであり日本円で約3兆8,000円です。
比較すると約半分ほどの総収入であり、大きな打撃となっています。
カジノの過去最高の収益があった2013年には約3607パカタで日本円で4兆7,000億円あったので、大幅減少となっていることがわかります。

マカオ政府の歳入の約半分がカジノからの収益

マカオはカジノ大国だけあり、マカオ政府の歳入の約半分はカジノからの収益となっています。
2021年のマカオの政府予算案は、カジノ特別税の収入を約455億パタカ見積もっています。
約455パタカは2019年の910億パタカの半分程度の収入であり、大きな収入減少になることがわかります。

そのため、マカオ政府はマカオ特別行政区財政準備金より約265億パタカを取り崩して、歳入が不足してしまう分の穴埋めとするといわれています。

マカオはどんな国なのか

新型コロナウイルスが治まったらマカオでカジノを楽しんでみたい、そんな方もいると思います。
カジノといえばマカオと思いつくほど、マカオのカジノは世界的に有名です。

マカオという場所は、中国南西部にある国です。
マカオ半島と周辺の島で構成されている、特別自治区の国です。
1,800年代まではポルトガルの統治下にあり、1999年に中国へ変換されました。
そのため、中国語とポルトガル語が公用語として使われています。

マカオのカジノのオープンは、2000年代です。
東洋のラスベガスと言われるほど、素晴らしい場所にあります。

マカオには、2005年に世界文化遺産に登録されたマカオ歴史地区があります。
SNS映えスポットがあるので、女性に人気です。
マカオにカジノに来られた方は、マカオ歴史地区に訪れる方も多くいらっしゃいます。

日本からは直行便もあり、マカオ航空と全日空の2社が運航しています。
直行で行けるので、乗り継ぎをしなくても良い部分も大きなメリットといえます。
成田国際空港や関西国政空港、福岡国際空港の3つの空港のご利用が可能です。
直行便の分数は1日1~2便なので、少ない部分はデメリットといえるでしょう。
直行便のフライト時間は、約3時間半から5時間程度です。

コロナ禍が治まったら遊んでほしいおすすめマカオカジノ

カジノ好きな方が1度は行ってみたいのが、マカオです。
そんなマカオにはたくさんのカジノがあり、活気あふれるカジノが多くあります。
そんなマカオの数あるカジノの中から、人気のカジノをご紹介致します。

ギャラクシー・マカオ

2011年オープンのカジノであり、ギャラクシー・マカオリゾートの中央にあるカジノです。
カジノの台は600台もあり、スロットマシーンは1,500台もある、マカオの大規模カジノです。
正面玄関には噴水のモニュメントである「フォーチュン・ダイヤモンド」があり、運気を運んでくれると大変有名です。
禁煙ゾーンもありますので、タバコを吸わないかたも快適にプレイができます。

ザ・ベネチアン・マカオ

2007年オープンのカジノであり、夜になるとゴールドに光る外観が印象的なホテル中にある、カジノです。
ホテルの総客室数は3,000室と大変多くあり、多くの利用者で賑わっています。
イタリアのベネチアをモチーフとした造りになっており、内装はキラキラ輝く雰囲気で贅沢感ある建物です。

グランド・リスボア・マカオ

ラスベガスのカジノの影響を受けている建物作りとなっており、マカオ特有の豪華さあふれるカジノです。
建物の形が蓮の花がモチーフとなっており、金色のタワーが印象的です。
マカオのカジノの中でも特徴ある形の建物であり、マカオ老舗カジノのリスボア・マカオが新しくオープンさせました。
中国人や香港人のご利用が多く、マカオのカジノならではの雰囲気を感じることができます。

ウイン・マカオ

スティーブ・ウイン氏というラスベガスを変えた男と言われている有名人がプロデュースした、豪華なカジノホテルリゾートであるウィン・ラスベガスのマカオ版のカジノです。
欧米の観光客が多く利用しており、高い評価を受けています。
VIPルームも多くあり、リッチなお客様も大変多く利用しています。
高級感が漂う、ラスベガスのカジノのような雰囲気の中で楽しむことができます。

関連記事

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *