巨大「IRカジノ」は日本経済の足かせ?オンライン化とコロナ直撃による厳しさ

3 min 5 views

巨大「IRカジノ」は、日本経済の足かせになっているといわれています。
その理由は、オンラインカジノと新型コロナウイルスの影響によるものです。

日本のIR事業に意欲的だった企業も、目標達成は困難として日本撤退を宣言しました。

日本のIR誘致は、日本経済に良い影響を与えることはできないのでしょうか。

日本のIR誘致は日本経済のあしかせとなってしまうのか、様々な観点から解説していきます。

巨大「IRカジノ」は日本経済の足かせ?

巨大施設であるIRカジノは、日本経済の足かせになるのではといわれています。
日本経済に良い影響を与えることで導入を検討されたIR誘致は、今になってなぜ日本経済のあしかせになると言われてしまうのでしょうか。

日本のIR事業に意欲的な企業は、大変多くあります。
しかし、新型コロナウイルスの影響により、複数の事業者が日本撤退を宣言しています。

日本のIR進出競争のトップランナーと言われていたアメリカカジノ大手であるラスベガス・サンズは、2020年5月に「目標達成は困難だ」ということで日本撤退を宣言しました。
アメリカのウィン・リゾーツも2020年8月に、横浜事務所を閉鎖しました。
アメリカのMGMリゾーツ・インターナショナルは、第2四半期決算報告会にて、オンラインギャンブル路線の強化を明確にし、対日の投資に関しては「相応のリターン」があればとトーンダウンとなる発言をしました。

日本だけではなく、世界のカジノ市場は新型コロナウイルスの影響で大きな打撃を受けています。
壊滅的打撃を受けている大手カジノ店もあり、億単位の損失に頭を悩ませています。

IRは、巨大箱物施設です。
多くの集客とカジノへの誘導が大きなメリットですが、そんなビジネスモデルの終焉が確実に始まっていると言われています。
新型コロナウイルスの影響でランドカジノに訪れる顧客は急激に減っており、逆に多くなっているのがオンラインカジノ人口です。
家に居ながらカジノを楽しむことが出来るオンラインカジノは、新型コロナウイルスの感染の心配をせずに自宅でカジノを楽しむことができます。
カジノユーザーの行く先は、確実にランドカジノからオンラインカジノへ移行しているといえるでしょう。

新型コロナウイルスの影響により世界のカジノ市場は苦境を担っている

新型コロナウイルスの影響で、世界各地のカジノ市場では大きな負担を強いられています。

世界最大のカジノ市場であるマカオは、2月初旬に新型コロナウイルスの影響で全てのカジノ店の営業を停止しました。
2週間後に営業を再開しましたが、前年比90%以上の収益源が続いています。
アメリカでも新型コロナウイルスの影響でカジノ店は営業停止となり、大きな収益源となっています。

日本への進出を狙っていた企業は、自社の高収益を支えてきたカジノ市場の大きな収益源により、企業運営が大変な企業も多くあります。
カジノ企業の体力を奪っており、他の国への事業参入を考えている場合ではなくなっている状態です。

世界のカジノ市場はV字回復が可能なのか

現在世界中のカジノ市場は、新型コロナウイルスの影響により減収となり、大きな負担を強いられています。
期待したいのは、V字回復を期待することができるのかです。

新型コロナウイルスの影響で大きな収益ダウンとなり、新型コロナウイルス対策がどれだけ行われるかによりV字回復には長い時間がかかると言われています。
新型コロナウイルスのワクチン開発が行われていますが、実用化は早くて1~2年先と言われています。
そのため、収益回復には2年ほどかかると言われており、早くて2023年までかかるのではないかと言われています。

ワクチンに頼らなくてもマスクや消毒、検温、ソーシャルディスタンスなどの、様々な自社対策は行うことはできます。
しかし、それは人数制限などの影響により、元通りの収益に戻すことは困難です。
カジノ店の中には収容定員の50%以下としているところもあり、以前の様な収益とすることは程遠いといえます。

日本にIR誘致してカジノを作っても、カジノ全盛期のような賑わいを得ることができるかといえば、それは難しいといえます。
日本のIR誘致構想は、新型コロナウイルス流行前に考えられました。
今は環境が全く変わり、新型コロナウイルスの影響でカジノ業界は今までにない低迷となっています。
そんな中、日本が経験のないカジノという物を作るのは、大変危険と言えます。

オンラインのカジノへの急速な移行が増えている

ランドカジノは対面でのギャンブルとなってしまい、カジノユーザーは今は難しいと敬遠している人が多くいます。
そんな中、急速に進んでいるのがオンラインカジノへの客の移行です。

オンラインカジノは様々な企業で経営されており、本場カジノさながらの臨場感でカジノを楽しむことができます。
ライブカジノなどもあり、家にいながら家人を楽しむことができると、カジノユーザーに人気があります。

新型コロナウイルスの影響により、オンラインカジノの利用は今後一層加速すると言われています。

関連記事

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *