ポーカーとは?ルールや攻略法・注意点まとめ

4 min 43 views

お友達と遊ぶゲームとしての遊びから、まさに人生を賭けた戦いの競技まで、様々な楽しみ方があるトランプですが、今回はその中でもポーカーについてご紹介したいと思います。

ポーカーと一括りで語るには難しいほど、細かな設定やルールがあり、その設定やルールによって〇〇ポーカーなど呼び名も変わってきます。

今回は日本における一般的な“いわゆる”という感じの、ありきたりなポーカー(ドローポーカー)についてのルールや攻略法についてご紹介していきます。

ポーカーとは?

ポーカーはトランプを使用したゲームの1種で、老若男女問わずに、家族や友人などで、楽しく遊べるゲームになっています。

日本で日本人がポーカーと呼んでいるトランプのゲームは、ドローポーカーという名前のゲームで、配られた5枚のトランプの組み合わせによってできあがる役の優越を競い合うゲームになっています。

基本的には、1番役の強い人(ポイントが高いトランプの組み合わせ)が勝利するのですが、プレイヤー同士の駆け引きで相手をゲームから投降(フォールド)させれば役に関係なく勝利することができる奥の深いゲームになっています。

ゲームの準備

トランプは1から10までの数字のカードと、絵札と呼ばれるJ(ジャック)、Q(クイーン)、K(キング)が、それぞれスペード・クローバー・ダイヤ・ハートの4種類、それとジョーカー2枚の合計54枚あるのですが、ポーカーでは数字と絵札の52枚とジョーカー1枚を使用します。

ポーカーの種類によって参加人数が変わってくるのですが、競いあうゲームなので最低でも2人、と使用トランプが53枚なので最大10人まで同時に楽しむことが可能です。

先述した通り、ポーカーは本当にたくさんの種類のルールが存在していて、ドローポーカーの説明をしていますが、参加プレイヤーによってルール認識が異なる可能性があるので、プレイ開始前に参加者でルールを確認しあっておくと良いかもしれません。

ポーカーのルール

参加している複数のプレーヤーが、配られた5枚のカードの組み合わせによる役の強さで勝敗を決めていきます。

配られたカードの組み合わせによる勝敗だと、どうしても運による要素で勝敗の決着がつきがちですが、賭け金をどうするのかなどのアクションが行われることで心理戦要素が高まります。

ショーダウンと呼ばれる手札を公開したときに、最終的な勝者が決着し、役が強いカードの組みあわせを持っている者が勝利します。

ゲームの進め方

プレイヤーには5枚のカードが配布され、自分に配られたカードだけを、何が配られたのか確認することはできますが、他のプレイヤーのカードが何であるのかを見ることはできません。

チップが賭けられている場合は親(ボタンと呼ばれる)人から順番に左回りで、フォールド(降りる)・チェック(賭け金をパス)・コール(右隣と同じ金額を賭ける)・レイズ(賭け金を上乗せ)といったアクションを行います。

続いてカードを交換するのですが、最大5枚までで、交換をしない選択することも可能なので、他のプレイヤーと心理戦を楽しんでください。

一度カード交換が終わったら再度アクションを行い、最後にショーアップと呼ばれる手札公開で勝者が確定します。

ポーカーの役(ハンド)

ポーカーの役は9種類存在しますが、ここでは役の強い順番に役の名前と組み合わせをご紹介していきます。

〇ロイヤルストレートフラッシュ:ポーカーで最も強い組み合わせになり、同じ図柄(スーツ)で10・J・Q・K・Aを揃える必要があります。

〇ストレートフラッシュ:同じ図柄で5つのカードが連続する組み合わせとなり、フラッシュとストレートを両方兼ねた組み合わせになります。

〇フォーカード:同じ数字のカードを4枚揃える役がフォーカードになります。

〇フルハウス:ワンペアとスリーカードの組み合わせになり、2枚同じ数字が1組と3枚同じ数字が1組の組み合わせがフルハウスです。

〇フラッシュ:同じ図柄(スーツ)だけで5枚を揃えるとフラッシュという役になります。

〇ストレート:連番で5つのカードを揃えるとストレートという役になります。

〇スリーカード:同じ数字のカード3枚の組み合わせがスリーカードという役になります。

〇ツーペア:同じ数字の組みあわせが2組ある状態の役をツーペアと言います。

〇ワンペア:同じ数字の組み合わせが1組ある状態の役をワンペアと言います。

ポーカーの攻略法

ポーカーフェイスという言葉を聞いたことがある方も多いとは思いますが、その言葉の語源はポーカーからきています。

その他にも、ブラフなんて言葉も多くの人が意味を知っていたりしますが、実は弱い役しか揃っていないのに強いカードを持っているように見せるブラフや、本当は強いカードがあるのに弱いフリをして見せるスロープレイなど、心理戦を楽しむことが勝者への近道です。

この章では、ポーカーの攻略法とも言うべき心理戦について触れていきますが、ポーカーというゲームの中だけでなく、ビジネスの場であったり、商談の場であったりなど、日常にも応用がきくのではないかと思います。

相手を観察して心理を読む

プレイヤーは、他のプレイヤーと駆け引きを行い勝負していくわけですが、人間にはクセがあるので、それをいち早く理解することが大事になってきます。

具体的には、最初に見るのが目線になりますが、何度も自分のカードを見直していたり、他プレイヤーの動向を伺っているなどの行動があれば、それは良い手札が揃っているプレイヤーの典型的な仕草です。

相手がよっぽどのプロフェッショナルで無い限り、こういった目線や行動を全て隠すことは難しいのが実際のとこですから、じっくり観察して相手の手札を予想していきましょう。

性格から相手の手札を探る

例えば、握っているカードを綺麗に整えていたり、積んであるチップが整頓されている人は、几帳面な性格であることが伺い知れますし、その場合多くはハイリスクな作戦を好まず慎重にことを進め、喜怒哀楽が表情に出ないタイプが多いです。

逆に所作や言動が荒っぽく雑な印象を受けるプレイヤーは、喜怒哀楽が表情に現れやすく、そういった自分の癖を利用して、ためいきを大きな声でつくなどの大袈裟なアクションで演技をする傾向にあり、プレイは攻撃的であることが多いです。

周囲に気づかれないような小さな声でチップを頼むなどの態度をとるプレーヤーは、基本的に憶病でリスクにアンテナを張っている慎重派が多いなど、ご自身で性格や態度がプレイにどう影響するのか発見してください。

ポーカーで役を作る上での注意点

ポーカーでいい役を作る上で、役ができあがる確率を知っていれば勝率が上がりますので、カードの切り方についての注意点をご紹介致します。

例えば、ポーカーの1番良い役はロイヤルストレートフラッシュなのですが、最初に配られた5枚がロイヤルストレートフラッシュの役で配られる可能性は0.0001%しかありません。

とりあえず同じ数字を揃えたり、同じ図柄を揃えたり、連番になるように揃えるのが基本になるのですが、確率を考えると揃いづらい役もあるので、頭に入れておくと勝率が上がります。

交換するカードは数字の小さなカード

同じ役、例えば相手プレーヤーもワンペアであった場合、数字の大きいほうが勝利となるので、ペアが無い状態で、フラッシュやストレートも狙いづらいカードを最初に配られた場合は、J以上の1番大きなカードを残して、残り4枚をチェンジするのが良いとされています。

スターティングハンド(最初に配られた5枚)でハイカード(役無し)となる確率は50%を超えてきますが、絵札(J・Q・K)やAが無い場合は、5枚全てを交換するのが定石とされています。

最弱の役は2のワンペアとされていますので、2のワンペアが揃っていても戦うには厳しい手札なので、絵札とAを1枚残す形で2枚交換、もしくは思い切って2のペアも交換してしまうのは大胆な作戦です。

まとめ

家族や知人と楽しむポーカーならば、大まかなルールと役を覚えれば、楽しむことができるシンプルなゲームです。

カジノなのでお金を賭けたり、競技のような形でポーカーを行う場合は、他にも覚えるルールが細かくあったりします。

スマホのアプリでも楽しめるポーカーゲームはたくさんありますし、オンラインカジノで小さな金額を賭けて勉強したりなど、ぜひポーカーの奥深さを少しづつ覚えて楽しんで頂ければと思います。

関連記事

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *