サンズ・チャイナが20年第4四半期に2億4,600万米ドルの損失!前四半期は改善!

3 min 4 views

アメリカカジノ大手のラスベガス・サンズのマカオ法人であるサンズ・チャイナは、2020年の第4班飯の収益が前年同月比で約70%現になることを報告しました。

損失額は2億4,600万米ドルであり、大きな損益となりました。

どのようなニュースなのか、様々な観点から解説していきます。

サンズ・チャイナが20年第4四半期に2億4,600万米ドルの損失!前四半期は改善!

アメリカ大手のラスベガス・サンズのマカオ法人であるサンズ・チャイナは、2020年の10~12月期の収益が激減し、損失額が2億4,600万米ドルになったことを報告しました。

第4四半期としては激減となっていますが、2020年第3四半期からは着実に改善しています。
第3四半期と比べると、サンズ・チャイナの収益は少しずつ増えてきているといえます。

新型コロナウイルス感染症の影響はまだまだ受けてはいますが、回復のプロセスは見えてきており、マカオとシンガポールの両方にて継続して進んでいると言われています。

マカオとシンガポールのカジノ人口は増えてきている

渡航制限など様々な制限がありますが、マカオとシンガポールのカジノ人口は増えつつあります。

マカオは、中国本土のカジノユーザーに海外のカジノへの制限を設けたことにより、国内のカジノにしか行けなくなったことが最大の理由です。
中国の中でカジノが許可されているのはマカオだけですので、カジノを楽しみたい場合はマカオでしか遊べないということになります。
中国の中でカジノができるのはマカオだけですが、中国人はカジノのようなギャンブルを非常に好んでいます。
そのため、マカオにカジノユーザーが集まってきます。

シンガポールも自国のカジノユーザーが他国へ渡航しにくいということで、自国のカジノでプレイすることを余儀なくされています。
シンガポールもギャンブル好きが多く、カジノを楽しむために自国のカジノを利用しているという流れで売り上げが増えてきています。

渡航制限が出ていることでカジノに人が集まらないイメージがありますが、他国から集まらない分、地元のカジノユーザーが集うようになっています。
そのため、渡航制限が出ていてもある程度の収入を得ることが出来ている状態となっています。

様々な感染対策をしているサンズ・チャイナのカジノ

新型コロナウイルス感染症の影響により、密になる空間には人は集まらない傾向があります。
しかし、サンズ・チャイナのカジノには、徐々にお客様が増えてきています。
その理由は、サンズ・チャイナが徹底している感染対策です。

サンズ・チャイナは徹底的な感染対策を行っており、消毒をはじめ赤外線機器による発熱の把握など、様々な最新機器を取り入れて対策を行っています。
そのため、サンズ・チャイナでは新型コロナウイルス感染症が猛威を振るいはじめてから1度も感染者が出ていません。

マカオで最初にオープンしたサンズ・チャイナの「サンズ・マカオ・ホテル&カジノ」

サンズ・チャイナがマカオで最初にオープンしたカジノが、「サンズ・マカオ・ホテル&カジノ」です。

他のカジノホテルにはない魅力を取り入れ羅カジノであり、それまでのカジノ専用ホテルの雰囲気を一新しました。
カジノ客だけのためではなく、カジノ客以外のためにホテルをレベルアップし、レストランやショッピングモールなどのカジノ以外の施設を充実させた今までにないマカオ初のIRカジノホテルです。

魅力はカジノスペースにもあり、非常にゴージャスで印象的なカジノ空間は、カジノユーザーにはたまらない雰囲気をかもしだし、常連客やリピート客が多いカジノです。

外観もマカオならではのゴージャス感があり、マカオのカジノの豪華さを発揮しています。
マカオにカジノに来た雰囲気が満載であり、その空間にいるだけでも豪華な雰囲気だけで癒されるほどです。

2021年1月にお亡くなりになってしまいましたが、世界の大富豪ランキングの常に上位を占めており、カジノ業界ではトップに立っていた、ラスベガスサンズグループの社長だったアデルソン氏が初めてマカオに建てたのがこのカジノホテルです。
2004年5月に開業したカジノホテルであり、総工費は2億4,000万ドル、第1期工事の敷地面積165,000平方フィート内に、ポール・スティールマン・デザイン・グループデザインの高さ79mのホテルとカジノが完成となりました。
2005年5月に、建設投資のための発行の抵当権の全ての清算が終了しました。
2006年には第2期工事がはじまり、敷地面積を22万9千フィートと増大しました。
マカオでも最大級の広さのカジノ場と、51室のVIP専用ホテルとして完成しました。

更に2007年には拡張工事を行い、新しいタワーを増設しました。
客室も289室に増床して、カジノVIP客だけではなく一般の宿泊客の増加にも応えられるようになりました。
2021年には年間600万人のお客さまが訪れるカジノホテルとなり、マカオ有数の任期カジノへと成長しました。

関連記事

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *