先見の明カジノ王シェルドン・アデルソンの素晴らしいキャリアと遺産に注目!

3 min 2 views

先見の明を持っていたことで有名なカジノ王であるラスベガス・サンズとサンズ・チャイナの創業者シェルドン・アデルソン氏の、素晴らしいキャリアと消えることのない遺産は、他のカジノ王にはない多さです。

アメリカンドリームを叶えた人物であり、巨万の富を築きました。

どのような記事なのか、様々な角度から解説していきます。

先見の明カジノ王シェルドン・アデルソンの素晴らしいキャリアと遺産に注目!

先見の明を持っていたことで有名なカジノ王である、ラスベガス・サンズとサンズ・チャイナの創業者のシェルドン・アデルソン氏は、非ホジキンリンパ腫という病と闘った末に2021年1月11日に永眠されました。

アメリカンドリームを叶えた人物であり、借家での幼少期からザ・ベネチアンとコンベンション主導型ビジネスモデルによりラスベガスに革命を起こし、巨万の富を築きました。

その後、ラスベガス・サンズの創業者であるシェルドン・アデルソン氏は、アジアでさらに目を見張るような第二幕を作り出しました。
70代と80代の間、マカオが世界のトップとなる変身をする際の動きで先頭に立って引っ張っていたのが、シェルドン・アデルソン氏です。
その変化によりマカオは、ラスベガス・ストリップのゲーミングの粗利益をはるかに上回るまでに成長しました。
そのマカオの成長は、シェルドン・アデルソン氏発案のコタイ統合型リゾートハブを中心として大きく展開していきました。
現在のマカオのカジノ国になれた背景には、シェルドン・アデルソン氏の力を大きく影響しています。

また、シンガポールでシェルドン・アデルソン氏は業界で最も称賛されました。
最も大きな利益を生み出した、マリーナベイ・サンズを開発しました。
シェルドン・アデルソン氏はアジアが地類歴史の中で最も早いスピードで豊かにしえ、21世紀のゲーミング界の主役へと昇りつめさせて、アメリカとイスラエルで政界の実力者にさせました。

控えめなスタートながら長者番付に

移民の両親のもとに生まれたシェルドン・アデルソン氏は、ボストンの貧しい地域で育ちました。
道端で新聞を打っていた10代の少年が、将来世界で最も成功した企業家の1人になったのですから、こんなにすごい事はありません。
何もなかった時代から大きな努力をしたことにより、ここまでの人物へと昇りつめました。

控えめなスタートだったシェルドン・アデルソン氏は、長者番付にもランクインしました。
2007年に世界長者番付で6位に入り、2020年の長者番付では資産268アメリカドルでフォーブス長者番付の28位にランクインしました。

2019年の大半の期間は大病と戦うこととなってしまいましたが、その後86歳で復帰しました。
その後も大病を抱えながら事業の貢献に尽力を尽くし、2021年1月に永眠されました。

シェルドン・アデルソン氏が作ったラスベガス・ランズとは

1988年に設立された企業であり、1999年に施設内に水路で進むゴンドラやブランドショップ、有名シェフの料理を堪能することが出来ることで有名な「ザ・ベネチアン」を開業し、ラスベガスの全面的再生を行いました。
当時としては画期的な建物であり、多くの観光客が訪れた夢のような施設です。

2004年には、中国のカジノ・ゲーミング地区初の外国人経営者カジノリゾート「サンズ・マカオ」をオープンしました。
後にサンズ・マカオはサンズ・チャイナへと上場し、マカオ最大のサクセスストーリ―の1つと言われています。

2020年にはラスベガス・サンズのリゾート開発の象徴である「マリーナベイ・サンズ」をオープンします。
世界中で64,000もの雇用を生み出し、25億アメリカドルの税金を毎年地域や国に納めていたといわれており、地元地域の経済発展に貢献していました。

現在はサンズ・エクスポ・アンド・コンベンション・センターヤベネチアン、サンズ・マカオ、マリーナベイ・サンズなどの多くの施設を運営しています。

シェルドン・アデルソン氏は日本のIR事業者として手を挙げようとしていた

シェルドン・アデルソン氏は、日本のIR事業に興味を持っていました。
生前シェルドン・アデルソン氏は、日本に大型投資の用意があることを語っており、日本で特定複合観光施設区画整備法が成立された際は、お手伝いできるならば役に立ちたいと語っていました。
元アメリカ大統領のトランプ大統領と仲が良く、元トランプ大統領から当時の総理大臣であった安倍晋三氏二口添えをしてもらい、日本のIR誘致に参入したい姿勢を持っていました。

しかし、その後ラスベガス・サンズは、日本のIR事業者からの撤退を表明しました。
その理由は、予定されていた日本政府の方針の発表が遅れてしまったことにより、事業環境が明確でない状態に見通しを立てることが難しいということです。
また、日本のIR整備法の一部の条件に対して、経営幹部が不満を示していることも噂されています。
日本IR撤退はシェルドン・アデルソン氏が生存していることに決定した内容であり、シェルドン・アデルソン氏の考えが詰まった決断といえます。

関連記事

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *